TOPICS

(02/19)『人体デッサン・クロッキー会』(第260、261回)開催のお知らせ
(02/04)『クロッキー会(大阪会場)』(第050回)開催のお知らせ
(01/22)「アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)2024 in TAAF」開催のお知らせ
(12/28)(転載)〈予告〉令和5年度文化庁委託事業「芸術家等実務研修会」〈アニメーション制作者・制作会社に向けた適正な契約関係普及のための研修会〉来年2月11日・14日(水)に開催
(12/07)「アニメーション制作者実態調査2023」へのご協力ありがとうございました。

(02/19更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第260、261回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。

 3/3は「女性(コスプレ・東方Project 射命丸 文)」・解剖学講座「下肢の筋肉-4」、3/17は「男性(ヌード・小太り)」・解剖学講座「下肢の筋肉-5」を予定しております。

詳しくはこちら

(02/04更新)
『クロッキー会(大阪会場)』(第050回)開催のお知らせ
 東京地区と同じく、大阪地区でもクロッキー会を月1回の定期開催をいたします。 プロのモデルによる画力向上が体験出来る講座が関西の会員の皆様にも無料で受けられます。 ご参加をお待ちしております。
 会員以外のアニメーター、一般、学生も席に余裕がある限り無料で同じく受講できますので会員のご友人などなど、 ぜひともクロッキー会の紹介をして頂ければと思います。

 新型コロナウィルス感染症はまだ収まっておりません。感染した場合の影響が大きく、 本クロッキー会では引き続き参加される方はマスクの持参を推奨します。体調を整えて参加してください。 会場では感染予防対策としてソーシャルディスタンスを確保する為、定員20名とさせていただきます。 宜しくお願いします。

★重要な連絡★
 普段開催している施設が工事のため、当面の間、別の施設でクロッキー会を開催いたします。 施設変更に伴って、場所・時刻に変更がありますのでご注意ください。

モデル:男性着衣(スーツ&ダッフルコート)のみ

詳しくはこちら

(01/23更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第258、259回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。

  2/4は「男性(ヌード)」・解剖学講座「人体の筋肉 下肢-1」、2/18は「女性(ヌード・ぽっちゃり体型)」・解剖学講座「人体の筋肉 下肢-2」を予定しております。

詳しくはこちら

(01/22更新)
「アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)2024 in TAAF」開催のお知らせ
 3年半余り続いたコロナ禍、その間に配信による巣ごもり需要と海外市場の拡大が進んだ結果、 日本アニメの市場規模は約3兆円に達し、国内外からも注目されるコンテンツとして認知度が上がる一方、 日本のアニメ制作現場ではデジタル化に加え、リモートワークの普及、 地方スタジオの設立などが急速に進展しました。しかし鉛筆とデジタル制作の過渡期において、 各制作現場では導入や作品制作の課題は山積しています。進むべき道の模索や、 知見の共有などの制作効率向上や表現の幅を広げる技術はまだまた不足しています。
 そこで、「アニメーション制作に係わる制作者が必要とするデジタル制作技術に関する情報獲得の機会を提供する」 ことを目的とし、「ACTF2024 in TAAF」を「としま区民センター」にて開催いたします。

詳しくはこちら

(12/28更新)
(転載)〈予告〉令和5年度文化庁委託事業「芸術家等実務研修会」〈アニメーション制作者・制作会社に向けた適正な契約関係普及のための研修会〉来年2月11日・14日(水)に開催
 一般社団法人日本動画協会は、文化庁の「令和5年度芸術家等の活動基盤強化 芸術家等実務研修会の実施」事業を受託し、来年2月、「アニメーション制作者・制作会社に向けた適正な契約関係普及のための研修会」を開催します。受講は無料です。お申し込みにつきましては、2024年1月半ばからご案内しますが、以下の日程でご予定いただければ幸いです。

・対象
アニメーション制作に従事する全ての方

・名称
アニメーション制作者・制作会社に向けた適正な契約関係普及のための研修会

・研修日程
対面開催:2024年2月11日(日)13:00〜21:10(4講座)、新宿の貸会議室
オンライン開催:2月14日(水)13:00〜21:10(4講座)

・教材等
テキスト教材及び動画教材は2024年1月半ば以降に順次公開予定

以上、宜しくお願い致します。

■お問い合わせ■
一般社団法人日本動画協会
E-mail:info@aja.gr.jp

(12/07更新)
「アニメーション制作者実態調査2023」へのご協力ありがとうございました。
 一般社団法人日本アニメーター・演出協会(JAniCA)は、 大日本印刷株式会社(DNP)が 文化庁より委託をされた文化庁令和4年度メディア芸術連携基盤等整備推進事業の 調査研究においてDNPと協力し「アニメーション制作者実態調査2023」を昨年度実施しました。 この調査研究の内容をWebサイトでも公開いたします。

 JAniCAは設立から間もない2008年に『アニメーター実態調査』を実施し、2009年12月に 『アニメーター労働白書2009』を、2015年4月に『アニメーション制作者 実態調査 報告書2015』、2019年11月に『アニメーション制作者 実態調査報告書2019』を上梓しました。 この間、アニメーション制作者を取り巻く環境が変化しつつあり、アニメーションの 表現やビジネスなどに関わる多くの方々にとって有益な資料となることを目指して 最新の状況を調査するために第4回目の実態調査を実施し、2022年10月14日〜12月9日に 調査を実施した結果、429件の有効回答票をいただきました。

 ご多忙の中、本調査にご協力を賜りました皆様に感謝の意を表します。

 本調査結果を踏まえ、アニメーション制作者がともに課題や問題意識を共有し、 相互に理解を深めるのみならず、建設的な議論へと発展していくことが期待されます。

詳しくはこちら

2023年のトピックはこちら
2022年のトピックはこちら
2021年のトピックはこちら
2020年のトピックはこちら
2019年のトピックはこちら
2018年のトピックはこちら
2017年のトピックはこちら
2016年のトピックはこちら
2015年のトピックはこちら
2014年のトピックはこちら
2013年のトピックはこちら
2012年のトピックはこちら
2011年のトピックはこちら
2010年のトピックはこちら
2009年のトピックはこちら
2008年のトピックはこちら