■美術解剖学講座

『2016年アニメーターのための解剖学講座』開講の意識調査

 JAniCAでは、昨年・昨々年と「美術解剖学」講座を開講いたしました。

・アニメーターが必要とする基礎的な人体の形態や構造に関する知識
・骨格や筋肉が体表の形状をどのように形成するか
・どのような仕組みで運動や動作を引き起こすか
・運動や動作とともに人体の外形がどのように変化するか
・「自然の人体」と「表現された人体」との間にどのような差異があるのか

 「美術解剖学」講座では、上記のような目的で開催したところ、 満席となるほどの多くの聴講希望者があり、アンケート結果からも良好な感触を得ました。 そこで、JAniCAでは、2016年も同様の講座を開講するべく準備を進めております。
 本来「美術解剖学」は、大学などで1年通して学ぶほどの分量のある学問分野のため、 以前にアンケートでは「もっと回数多く!」という要望もいただきました。
 そこで、本年開催の回数(期間)や内容について、ご意見をいただきたく ご協力よろしくお願いいたします。

実施目的 ・実施時期や、実施回数(期間)の要望把握
・受講者の解剖学講座での具体的な知りたい事の調査
回答期限 2016年02月29日 24時
調査対象者 ・本年の解剖学講座の受講希望者
・過去の解剖学講座の受講者
アンケートフォーム こちらの「登録フォーム」よりご登録をお願いいたします。
担当者 本間 晃 (JAniCA理事)
※お問い合わせはこちらまでpostmaster@janica.jp

参考:→2014年開催  →2015年開催
参考:→スキルアップ講座