■デジタル作画勉強会

「アニメーターの表現力とデジタル作画の可能性(講演会)」開催のお知らせ



 日本の数々のアニメーターが長年担っている紙と鉛筆による手描きの作画工程について、 昨今、デジタル化の波が訪れつつあります。 世界的には放送メディアの多様化・高画質化の中で3DCGの作品も多くなっております。 そのため、日本らしい手描きによる動きを重視したアニメーション作品を 永続的に生み出していくために、デジタル技術をどのように活用するべきなのか、 業界各所にて研究や模索が続けられています。

 今回、業界のトップアニメーターの井上俊之さんのデジタル作画への挑戦を 通してその可能性と、今後必要となる技術についてトークセッションを、 「練馬アニメカーニバル2016」の中で行います。 お忙しい時期かと思いますが、ご来場いただけますようお願いいたします。

「練馬アニメカーニバル2016」について(公式サイト)
講演会の情報について(公式サイト内)

開催日時・内容 10月16日(日)15:00〜
会 場 練馬文化センター 小ホール
 東京都練馬区練馬1-17-37
 アクセス方法はこちら
講 師 モデレーター:轟木保弘(株式会ワコム)
ゲスト:井上俊之(アニメーター)
費 用 無料
参加資格 どなたでもご覧になれます
申込方法 不要。直接会場にお越し下さい。
担当 JAniCA事務局(ACTF担当)
お問い合わせ JAniCA事務局 : postmaster@janica.jp