■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第12回)開催のお知らせ

 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。講師の高見先生曰く、初回からの参加者や、最近の連続参加者の上達が顕著に現れて来ている、とのことです。

 好評につき当面毎月開催しておりますので、仕事の都合に合わせてご参加いただければ幸いです。次回は「女性ヌード」となります。美術解剖学は、三回目「下肢帯の骨格」を予定しております。

内容
15:00〜15:45
16:00〜19:00
19:00〜
美術解剖学について(希望者のみ)
モデルを使った「デッサンクロッキー」
講評・アドバイス(希望者)
開催日 平成25年6月30日(日曜日)
時間割
・美術解剖学について(希望者のみ参加)
15:00〜15:20 美術解剖学に付いて、骨格の説明
         (5分休憩)
15:25〜15:45 筋肉の説明
         (15分会場準備・受付)

・モデルさんを使った「デッサン/クロッキー」
16:00〜17:20 20分ポーズ×1回
         (5分休憩)
16:25〜16:45 20分ポーズ×1回
         (5分休憩)
16:50〜17:10 10分ポーズ×2回
         (10分休憩)
17:20〜17:40 10分ポーズ×2回
         (5分休憩)
17:45〜18:05 5分ポーズ×4回
         (5分休憩)
18:10〜18:30 3分ポーズ×3回/2分ポーズ×3回/1分ポーズ×5回
         (5分休憩)
18:35〜18:55 10分ポーズ×2回
         (5分休憩)

19:00〜20:00 講評・アドバイス(希望者)

場所 武蔵野市民会館(JR武蔵境駅北口)
 東京都武蔵野市境2丁目3番7号
講師 高見 政良 (日本美術会・日本美術解剖学会 会員) (経歴はこちら)
受講料 無料
参加資格 正会員・無料正会員・業界会員・準会員・賛助会員
(応募者多数の場合は、絵を描く方を優先させていただきます)
定員 18名
持ってくる物 ・B3版くらいのクロッキー帳
・3B〜5Bの鉛筆、各2本程度(使いたいコンテやペンのある方はそれも可)
・消しゴムまたは練り消し
・カッターナイフ
・イーゼルをお持ちの方で使いたい場合は持参してください
注意事項 筆記用具を持たない方は参加できません
デッサンが始まったら、次の休憩時間まで入れません(お待ちいただきます)
申込方法 こちらの「登録フォーム」より申込みをお願いいたします。
担当者 JAniCA事務局 (postmaster@janica.jp)

(13/7/18追加)
「人体デッサン・クロッキー会(第12回)」の「アフターレポート」はこちら


■講師紹介■


高見 政良

1965年 都内の美術研究所でデッサン、油彩 画を学ぶ
さまざまな展覧会への出品、壁画、挿絵、イラストレーション、美術解剖学講義など、活動範囲は広い
現在、日本美術解剖学会会員・東京デザイナー学院講師・「STUDIO-t23」主宰
http://www1.linkclub.or.jp/~s-t23/