■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第13回)アフターレポート

7月21日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


休憩中は和やかな談笑も見かけられる様になりました。


 午後3時〜4時 「美術解剖学」講義 骨格模型、筋肉掛け軸図やプリントを使って講義。希望者11名参加
 午後4時〜7時10分「女性ヌード」 モデル使用で20分×7回実施。
 通常クロッキー会は20分×6回で行いますが、今回も1回余分にしました。

 今回はロシア人女性ヌードモデルで、西欧人の体型で勉強になりました。

 終了後に、順次この日描いたものを、全員で「見せっこ」。
 その後、希望者10名に講師が講評とアドバイスを行いました。
 初参加の方も何人か居て、面白かったし勉強になりました、との感想が聞かれました。

※参加者15名中、13名からアンケート回答をいただきました。

感想(抜粋)
・時間いっぱい次々と描けてとてもよかったです。
・毎回楽しみにしています。参加人数も多すぎず少なすぎずちょうどいい。
・良いです。
・2分、1分クロッキーの後に10分クロッキーをやったので、「速く描く」感覚つかんで10分クロッキーに生かすことができました。
・ロシア人女性のクロッキー、日本人のモデルさんとは体格が違っていておもしろかったです。
・今日のモデルさんはロシア人で体型がいつもとちがって面白かったです。
・本日も楽しかったです。外国のモデルさんははじめてでした。骨格が微妙に違っていて勉強になりました。
・描きたいと思っていたポーズがいろいろ描けて充実した時間を過ごせました。ありがとうございます。
・外人の方だったので骨格がしっかりしていて、いつもと違った感じでかけました。
・外人の方は初めてだったので勉強になりました。
・自己流と基本との差が分かります。

題材について(抜粋)
・女性をつづけたいです。
・スポーツ系の人。筋肉がはっきりとわかるモデル希望。
・動物。
・また、着衣の状態の人を描いてみたいです。
・また外国人の方を描いてみたくなりました。筋肉質の男性もお願い致します。
・日本人男性、ダンサーとか筋肉使っている人の動き、日常動作。
・男性や服を着た人。
・筋肉がほどよくついた男性。
・物をもったポーズを。


参加者の内訳;正会員2名/無料正会員11名/準会員2名