■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第24回)アフターレポート

4月13日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


参加者のクロッキー


 午後4時00分〜7時00分「男性(アフリカ人)ヌード」 モデル使用で20分×7回実施。

 今回の男性モデルさんは、アフリカ・コートジボワール出身の方でした。
 希望されている方も居て、独特の体型が描けて、興味深いクロッキー会になりました。

 終了後に、順次この日描いたものを、全員で「見せっこ」。
 その後、希望者7名に講師が講評とアドバイスを行いました。

 前回に続き、春アニメが過去最大数の影響も有って、参加者が若干少なかったものと思われます。
 照明の事や作品展示の希望も出され、積極的な意見が寄せられる様になりましたので、出来る事は実現して行きたいと思います。

※参加者14名中、12名からアンケート回答をいただきました。

感想(抜粋)
・落ちついた環境で描かせて下さりありがとうございます。
・キン肉質のモデルさんでたいへんよかったです。
・黒人男性のモデルは初めてだったので面白かった。
・今回も楽しませて頂きました。仕事UPぬけたばかりで指がいたくてあまりかけなかった。おもしろいポーズたくさんとってくれて楽しかったです。
・前回参加した時と体つきが違う男性なので勉強になりました。
・バランスのとれた体でとてもかくのが楽しかったです。
・モデルさんの最後から5分ポーズがかっこよかったです。

今回受講した理由(抜粋)
・色々な体型のモデルさんをたくさん描きたかったから。
・外国人モデルを希望していたので、念願かないました。
・誘われたので。
・参加できる日にちで選びました。
・たまたま東京に出る機会があるので。
・男性ヌードの方が仕事に役立つと思ったから。
・男性ヌードはあまりかいたことがないので。
・男性ヌードは少ないので選択しました。

題材について(抜粋)
・コスチューム。2人のポーズ。
・小道具との組み合わせ。剣とか。
・男性ヌード、コスチューム。
・年をとった方。
・太った人。
・部屋の蛍光灯3列のうち右端か左端の1列だけをつけた状態でやってみたいです。たまにでいいので、光源が一方向からのデッサンをしてみたいなと思います
・細身の男性。
・連続した動きのクロッキー(一連のアニメーションのようにキーポーズで連続で)。


参加者の内訳;正会員1名、無料正会員12名、賛助会員1名