■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第26回)アフターレポート

5月11日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


クロッキーの様子


 午後4時00分〜7時00分「女性コスチューム フラメンコダンサー」 モデル使用で20分×7回実施。。

 今回のモデルさんは、プロのフラメンコダンサーの方でした。
 フリフリの襞の有る水玉模様の衣裳で、面白いクロッキー会になりました。

 終了後に、順次この日描いたものを、全員で「見せっこ」。
 その後、希望者9名に講師が講評とアドバイスを行いました。

 今回は、ゴールデンウイークが告知日程と重なり、一般の方にも拡大して募集し、3人の方が参加してくれました。
 専門学生二人とアニメーターの方で、熱心に描かれていました。
 JAniCAの活動を知ってもらう良い機会になったのではないかと思います。

 春アニメと夏アニメの影響は少し続くかもしれませんが、勉強したい方の為にも、続ける事が大事と思います。

※参加者12名中、12名からアンケート回答をいただきました。

感想(抜粋)
・イスも気合が入ったイスが用意されていて、豆知識もあって面白かったです。
・コスチュームは難しいですが描いていて楽しかったです。
・コスチューム有になると座りポーズがかなり難しい…。
・今回は告知のメールもお知らせも来なくてあせりました。参加できてよかったです。フリフリのドレスが素敵でしたが難しかったです(笑)ダンサーなのでもう少し動きのあるポーズもかいてみたいです。服着てると難しいですが(笑)
・長時間の固定ポーズが多く、描く数が通常よりやや少なめなのが残念。短時間の動きのあるポーズを描きたかった。
・はじめてでとてもむずかしかったのですが、自分的には色々発見があり、とてもためになりました。
・服ははじめてでしたが、ヌードとはちがった難しさがありよかったです。
・フラメンコダンサーさんの衣装はむずかしかったです。勉強になりました。
・フラメンコははじめてだったので貴重な体験でした。
・フリルが多くて中の体をみつけるのがむずかしかった。描きごたえがあった。
・フリルが大変だったけどおもしろかった。

今回受講した理由(抜粋)
・5/11が都合が良かったため。
・衣装のクロッキーをしてみたかったため。
・色々な人物を描きたかったから。
・今日は空きがあったので。
・コスチュームクロッキーをあまりかいたことがないので選択しました。
・スケジュールが空いていました。
・スケジュールの都合。
・フラメンコダンサーを見てみたかったので。
・めったに描く機会がないので。
・一般の参加が可能だったので。

題材について(抜粋)
・衣服のしわ。
・オフィスチェアに座ってる人とか、何かに寄りかかったポーズとか。
・コスチュームいろいろ描いてみたいです。
・小道具のある衣装ポーズなどほしいです。
・女性、男性、ヌード、服、筋肉質の男性、外人の男性、女性等。
・女性、和装。年輩の方、ヌード。男性、スーツ。
・男女ヌードと、着衣と両方描きたいです。
・ヌード以外にもめずらしい着衣のモデルさん描きたいです。
・ヌードの動きのあるポーズを描きたいです。
・モデルさんの私服。


参加者の内訳;正会員2名、無料正会員8名、一般2名