■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第35回)アフターレポート

9月21日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


クロッキーの様子


 午後3時〜4時 「美術解剖学」講義 骨格模型、筋肉掛け軸図やプリントを使って講義。6名が参加。
 上肢帯(肩)筋肉について、内部構造(インナーマッスル)から詳しく行いました。

 午後4時00分〜7時00分「ロシア人女性ヌード」 モデル使用で20分×7回実施。

 容姿端麗の美しいロシア人女性で、ポーズも落ち着いていて良かった。

 終了後に、順次この日描いたものを、全員で「見せっこ」。
 その後、希望者8名に講師が講評とアドバイスを行いました。

 今回は、初参加の方が4人居て、新鮮な感じのクロッキー会になりました。
 今月でテレビ放映アニメが切り替わる時期だそうで、かなり忙しいらしくてキャンセルの方も多かったし、疲れからか休み時間にウトウトされる方も見受けられた。

※参加者15名中、15名からアンケート回答をいただきました。

感想(抜粋)
・エキサイティングでした。
・新鮮でした。ロシア人のモデルさんが。
・楽しかったです。
・とても久しぶり(6年ぶりくらい)ですが、無心に描けて楽しかったです。
・白人さんの骨格を描けて楽しかった&難しかったです。
・初めて参加したときもロシア人のモデルさんだったので、最初の頃を思いだしました。1年とちょっと続けて通ってきたので、はじめの頃よりは、描けるようになってきたなと自分の進歩も感じました。
・久々の参加でなかなか感覚が戻りませんでしたが、また続けていきたいです。
・フランス人の女性ヌードとても楽しみにしてました。仕事で途中から参加になってしまったのですが、とても楽しめました。やはり日本人とちがったプロポーションで同じ女性なのにとても不思議です。色白で手足長くて頭の小さいバービー人形みたいでした。難しいけど楽しかったです。
・モデルさんが良かった。
・ロシア人女性すてきでした。
・ロシア人の女性がモデルでした。肉のつきかたがとても女性らしくて、勉強になりました。顔も日本人とちがうのがよくわかりました。
・ロシア人の女性の体型、描きなれないのでむずかしかったです。でも、とても勉強になりました。

題材について(抜粋)
・男のカラダも書きたいです。
・着物を着た人(女性)(たまに描く時があるので)。
・骨格がわかりやすい体型の方。
・女性男性ヌード、布のシワも描きたいです。筋肉質の男性もお願い致します。
・男性モデル。
・人。
・太った人。
・巫女さん。


参加者の内訳;無料正会員13名、準会員1名、一般1名