■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第43回)アフターレポート

1月25日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


参加者のクロッキー


 午後3時〜4時 「美術解剖学」講義 骨格模型、筋肉掛け軸図やプリントを使って講義。6名が参加。
 上肢の骨格(鎖骨・肩甲骨・上腕骨・橈骨・尺骨・指の骨)について説明。

 午後4時〜7時「女性ヌード」 20分×7回で、クロッキー。

 今回の女性モデルさんは以前一度お願いした事のある方でした。
 とても気さくで明るい方で、クロッキー会の雰囲気も和やかでした。
 ポーズも、ベテランの方なので安定した者でした。

 終了後に、順次この日描いたものを「見せっこ」。

 「講評・アドバイス」を希望された方は8名でした

 予約が少なかったのですが、参加を申し込まれた方は全員来られて、14名の参加でした。

 学生さん等、アニメーター志望の一般参加者の方が熱心で、刺激を貰えています。

 来年度に向けて、確実な会場確保の為の優先団体になる方向で取組む事を、参加者にお話しし、協力してもらう事を了承して貰いました。


参加者の内訳;無料正会員11名、一般3名