■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第45回)アフターレポート

2月22日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


「見せっこ」の様子


 午後3時〜4時 「美術解剖学」講義 骨格模型、筋肉掛け軸図やプリントを使って講義。4名が参加。
 全身の筋肉について説明。

 午後4時〜7時「女性ヌード」 20分×7回で、クロッキー。

 今回の女性モデルさんは、スレンダーな普通の若い女性という感じで、ポーズも構えた感じではなく極普通で、今までの方達とは違っていました。
 当然ですが、描きやすかったという方や難しかったという方が居ました。

 終了後に、順次この日描いたものを「見せっこ」。<参考写真>

 「講評・アドバイス」を希望された方は7名でした

 予約はいっぱいになりましたが、キャンセルが出て、14名の参加で開催しました。

 アニメの仕事の関係と思われますが、最初から継続して来られていた方達がお見えにならなくなり、代わりに最近くる様になった方の定着率が上がってと、新旧(?)交代が進んでいるのかなとも思います。


参加者の内訳;無料正会員9名、正会員1名、一般4名