■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第57回)アフターレポート

8月16日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


参加者のクロッキー


 午後3時〜4時 「美術解剖学」講義 骨格模型、筋肉掛け軸図やプリントを使って講義。7名が参加。
 人体の骨格について説明。

 午後4時〜9時「女性(ヌード)」 20分×7回。

 今回の女性モデルはバランスの取れたプロポーションの方で、ポーズもダイナミックでした。
 難しという人、楽しかったという人居ましたが、おおむね好評でした。

 初参加の方は、苦戦していた様ですが、最後まで残りアドバイスも受けてくれました。

 終了後に、順次この日描いたものを「見せっこ」。

 「講評・アドバイス」を希望された方は、10名でした

 今回はお盆とコミケが重なった事も有り予約がギリギリ迄埋まりませんでしたが、当日の呼びかけで3名の方が参加し、キャンセルも無く16名の参加でした。


参加者の内訳;無料正会員8名、賛助会員1名、準会員1名、一般6名