■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第121回)アフターレポート

4月15日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


参加者のクロッキー


・午後3時〜「美術解剖学講座」11名参加。
 「人体の筋肉-体幹-1(胸・腹部)」筋肉説明資料配布、骨格模型デッサンと講義。

・午後4時〜「女性ヌードクロッキー」
 20分間×7回で行いました。

 今回のモデルさんは、初めての方でラテンダンスのダンサーをされているモデルさんでした。
 お尻から下半身が見事に鍛えられ、顔立ちも彫りが深く美しい方でした。
 ポーズもしっかりしていて、描きやすかったという声がありました。

 終了後の「見せっこ」には13名が参加。

 その後の「講評・アドバイス」希望者は、11名でした。

 今回は、会員の応募だけで、一般の方の参加はありませんでした。
 暫く振りで描きに来た方から、下手になっているのを実感したので、出来るだけ参加したいとの、感想・意見がありました。


参加者の内訳;無料正会員11名、賛助会員3名