■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第122回)アフターレポート

5月6日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


参加者のクロッキー


・午後3時〜「美術解剖学講座」8名参加。
 「人体の筋肉-上肢-1(上腕)」筋肉説明資料配布、骨格模型デッサンと講義。

・午後4時〜「女性ヌードクロッキー」
 20分間×7回で行いました。

 今回のモデルさんは、体型のバランスがとても良く、髪型等が綾波レイに似た、美しいモデルさんでした。

 ポーズもしっかりしていて、緊張感のあるクロッキー会になりました。

 終了後の「見せっこ」には13名が参加。

 その後の「講評・アドバイス」希望者は、12名でした。

 今回は、ゴールデンウィークの最終日ということもあり、会員の参加者が少なく、一般(画業・画学生)の方にも声を掛けました。
 前回、暫く振りで描きに来た方が、今回も来られていて少し意識が変わり、描くのが楽になったと言っていました。
 続けて欲しいものです。


参加者の内訳;無料正会員9名、賛助会員1名、正会員1名、一般3名