■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第124回)アフターレポート

6月3日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


クロッキーの様子


・午後3時〜「美術解剖学講座」9名参加。
 「人体の筋肉-下肢-1(骨盤周り・大腿部)」筋肉説明資料配布、骨格模型デッサンと講義。

・午後4時〜「男性ボクサークロッキー」
 20分間×7回で行いました。

 今回のモデルさんは、ボクシングジムに通う男性でした。

 ボクサーパンツ・シューズ・グローブの格好で、様々なポーズを取ってもらいました。

 ストップモーションのポーズもお願いし、動きの有る面白いクロッキー会になりました。

 終了後の「見せっこ」には18名が参加。

 その後の「講評・アドバイス」希望者は、17名でした。

 今回は、他の講座の関係で前回と一週間しか間が無く、またJAniCAのサイトのサーバーの調子が悪いなどで、参加申し込みの確認が遅くなり、心配されましたが、19名と多くの方が来てくれました。


参加者の内訳;無料正会員14名、賛助会員2名、一般3名