■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第126回)アフターレポート

7月1日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


見せっこの様子


・午後3時〜「美術解剖学講座」8名参加。
 「人体の骨格-体幹-1(脊柱<頚椎>)」骨格の説明資料配布、骨格模型デッサンと講義。
 初めて参加という方が4名程おられなした。

・午後4時〜「女性ヌード固定ポーズ(寝ポーズ)」
 20分間×7回で行いました。

 今回のモデルさんは、ベテランヌードモデルさんで、寝ポーズの固定で来てもらいました。

 最初に、10分2回で2種類のポーズをクロッキーし、みんなの多数決で決め、若干修正したポーズで、20分×6回固定ポーズにしました。

 女性らしい、丸みのある体つきのモデルさんで、良かったという声と、じっくり時間をかけてかける機会がなかなか無いので、嬉しいという感想も聞かれました。
 
 同じ場所で最後まで描かれる方と、移動しながら色々な角度からという方がいて、それぞれ工夫して取り組んでいました。

 終了後の「見せっこ」には19名全員が参加。

 その後の「講評・アドバイス」希望者は、16名でした。

 今回も、JAniCAのサイトのサーバーの調子が悪いなどで、ありましたが、申し込んだ18名全員の参加でした。


参加者の内訳;無料正会員12名、一般5名