■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第127回)アフターレポート

7月15日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


参加者のクロッキー


・午後3時〜「美術解剖学講座」9名参加。
 「人体の骨格-体幹-2(脊柱)」骨格の説明資料配布、骨格模型デッサンと講義。

・午後4時〜「男性ヌード」
 20分間×7回で行いました。

 モデルさんは、先月ボクサーコスチュームでお願いした方で、今回はヌードクロッキーを行いました。

 実際、ボクシングをやっている方なので、しなやかな筋肉が魅力的でした。

 モデルの仕事は始めたばかりらしく、その事が型にはまっていない自然なポーズを作ってくれて、良い感じでした。
 
 演出家の方が半年振りに参加され、また続けて来たいとおっしゃっていました。

 終了後の「見せっこ」には13名全員が参加。

 その後の「講評・アドバイス」希望者も、13名全員でした。

 今回は、夏アニメや夏のコミケを控えてという事もあって、キャンセルが多く出ました。


参加者の内訳;無料正会員12名、賛助会員1名