■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第139回)アフターレポート

1月20日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


参加者のクロッキー


・午後3時〜「美術解剖学講座 人体の骨格と筋肉-上肢-2(鎖骨・肩甲骨・上腕骨)」10名参加。
 人体骨格模型と人体筋肉図(掛け軸)、資料プリントを参考に、スケッチと講義を行った。
 烏口腕筋、上腕筋、小胸筋等についても触れる。
 
・午後4時〜「女性着衣(小学六年生)」
 20分間×7回で行いました。

 モデルは、以前一度姉妹でお願いした事の有る妹さんの方で、小学校六年生。 
 お母さんがモデルさんをしていた事もあり、ポーズはしっかりしていて、容姿も可愛いく、集中出来たと好評でした。

 終了後の「見せっこ参加者」は14名。
「講評・アドバイス」希望者は、11名でした

 一般参加者は四名で、アニメーターへの内定をもらった人や、アニメの専門学校生が中心でした。
 今回も、講師からの「講評・アドバイス」に大勢参加してくれました。


参加者の内訳;無料正会員10名、賛助会員1名、一般4名