■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第152回)アフターレポート

8月4日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


参加者のクロッキー


・午後3時〜「美術解剖学講座 人体の筋肉- (体幹-2)」9名参加。
 人体骨格模型、資料プリントを参考に、スケッチと講義を行い、体幹(背中)の筋肉について講義しました。

 今回の男性モデルさんは、以前ボクサーのコスチュームで一度来て貰った方でした。
 プロテストを受かったという事でしたので、同じコスチュームでお願いしました。

 通常の椅子座り・立ち・寝・床座りポーズで描き ストップモーションのポーズも取り入れて、自然な動こを捉える事も加えてみました。

 終了後の「見せっこ」には、15名全員が参加。

 「講評・アドバイス」希望者は、11名でした。

 酷暑、多忙な中会員の参加者が減っていますが、熱心な一般参加者が多く、活気のあるクロッキー会になっています。

 大阪の方でも、クロッキー会の開催が決まったようで、楽しみです。


参加者の内訳;無料正会員7名、賛助会員1名、一般9名