■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第170回)アフターレポート

6月14日(日)に「武蔵野市民会館」にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


みせっこの様子


・午後3時〜「人体の骨格-1」5名参加。

・午後4時〜「女性ヌードクロッキー」
 今回のモデルは、ベテランでポーズが上手く体型も整った女性で、何度かお願いした事のある方でした。
 
 基本のタイムテーブル(椅子-20分×1回・立ち-20分×1回・寝-10分×4回・床座り-7分×3回・いろいろのポーズで3分×3回・2分×3回・1分×4回、最後に立ち-5分×2回・椅子-10分×1回)を行ないました。

 今回は、新型コロナウイルス流行の影響での会場使用上の各種制限が有りましたが、モデルさんや参加の皆さんの協力で、無事開催出来ました。

 「見せっこ」は希望者のみとし、ソーシャルデスタンスを意識しながらの9名参加で行いました。

 「講評・アドバイス」希望者は、8名でした。

 待ちわびたクロッキー会で、久しぶりなのでなかなか手が動かないとか、腕が痛いなどの声が聞かれましたが、皆さん楽しそうでした。


参加者の内訳;無料正会員6名、賛助会員2名、一般2名