■実態調査

「アニメ制作者の「ケガや事故」に関する調査」協力のお願い

JAniCAでは「アニメ制作者の『ケガや事故』に関する調査アンケート」を実施します。 このアンケートはJAniCA会員/非会員を問わず回答できます。

6月25日、内閣府はフリーランスの保護ルールの整備と労働環境の改善のために労災保険の 対象拡大をすると発表しました。

アニメ制作者はデスクワークが多く、自宅やスタジオでのケガや事故についてはほとんど意識されていませんでした。 しかし、早朝/深夜移動時における自転車やバイクの転倒事故、ストレスや過労による精神疾患などがあるとも聞きますが、 実態は不明瞭なままです。

今回、厚生労働省より実態のヒアリングや資料の提供を求められたことを契機として、 アニメーターをはじめとしたアニメ制作従事者に関する労災保険の特別加入制度を要望するため、 緊急アンケートを実施いたします。
ご回答のご協力をお願いいたします。

・JAniCA会員/非会員を問わず回答できます。
・調査は匿名で行われます。ご連絡先等の記入も不要です。 ・全13問、約5分で回答できます。
・集計結果の一部を省庁やメディアにご提供させて頂くことがありますので、予めご了承下さい。

回答期限:9月13日(日)24時

アニメ制作者の「ケガや事故」に関する調査(googleフォーム)
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfHcARGXCVIWf8C3n7UmsikEchtcHpk3v7-q-oxVA2wkOfr_A/viewform


◇担当者/JAniCA事務局 (postmaster@janica.jp)

本件に関するお問い合わせは、JAniCA事務局(postmaster@janica.jp)までお願いいたします。

(9/8更新)
本文を一部修正しました。

(9/26更新)
「アニメ制作者の「ケガや事故」に関する調査 報告書」を公開しました。