■作画スケジュール実態調査

「作画スケジュール実態調査2015」ご協力のお願い


(02/02更新)
「作画スケジュール実態調査2015」へのご協力ありがとうございます。
 本調査の締め切りがやってまいりました。すでにご記入の方は 調査ハガキのポストへの投函をお願い致します。
 「もう少しで今やっている話数が終わる」という場合は、 話数が終わってから終了日の記入を行い、その後に投函でも問題ありません。
 投函締め切りは余裕を持たせて、2月いっぱいを予定しております。
 よろしくお願い致します。
担当:入江泰浩(JAniCA理事)


 アニメ業界では以前から「作画スケジュールが足りない」という声をよく聞きます。
 しかし「実際どのくらいの期間が作画に割り当てられているのか」という正確な数字は不明です。
 本当にスケジュールは少ないのか?少ないとした、どのくらいのスケジュールで稼働しているのか。 また豊富で堅実なスケジュールで作られている作品は無いのか?あるとしたらどのくらいあるのか? それを明らかにするために、アニメーターと制作進行の皆様に調査のご協力をお願いしたく思います。

 ご協力いただける方は、下記の申込みフォームからお申込ください。
 折り返し、調査ハガキを郵送(往復ハガキ)にてお届けします。

 本調査は、テレビアニメの作画スケジュールの実態を調査し、現状を把握するために行うものです。
 皆様のご協力、よろしくお願いいたします。

調査期間 2015年10月〜 2016年1月末日
調査方法 無記名によるアンケート
調査対象者 テレビアニメで「原画(1原・2原)を含む」を担当しているアニメーター、および、制作進行
※ご参加いただく場合には、JAniCA会員/非会員を問いません。
調査手順 1.調査参加者は調査ハガキを入手
2.作打ちごとにスケジュールを記入
3.記入欄が埋まったらポストに投函
4.埋まらなくても2016 年1 月末日には投函
5.集計
調査結果の提供方法  『調査結果』の提供方法は「JAniCA会員向けメールマガジン」(正会員/業界会員)、および、「業界内で閲覧を希望する団体・個人に郵送」。 希望者への対応方法につきましては、後日での案内を予定しております。

 なお、本『調査結果』は、業界内部資料の収集を目的としているため「禁転載」とし、業界外からの情報提供要請に対しては原則応じることはありません。
登録方法 こちらの「申込みフォーム」より、調査ハガキの取寄せをお願いします
担当者 入江泰浩 (JAniCA会員)
お問い合わせ JAniCA事務局 (postmaster@janica.jp)


 配布されるハガキ