■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第81回)アフターレポート

8月21日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


見せっこの様子


 午後3時〜4時 「美術解剖学」講義 骨格模型、筋肉掛け軸図やプリントを使って学習。8名が参加しました。
 「人体の骨格 体幹の骨格」について、説明しました。

 午後4時〜7時「男性ヌードクロッキー会」 20分×7回。

 今回のモデルさんは、かなり鍛えた筋肉質の男性モデルさんでした。
 勉強になったという声が多くありました。

 若干、ポーズが固かったようで、短い時間のものなどに工夫が必要のようです。

 長くお付き合いのある馴染みのモデルさんで、部屋が寒過ぎたのでは? との心配を頂きましたが、空調は若干の調整もしていましたし、大丈夫です。

 終了後に、順次この日描いたものを「見せっこ」。
 「講評・アドバイス」を希望された方は、9名でした。

 今回は、会員の方で忙しくて久しぶりの参加の方がおられましたが、ブランクを感じさせない描き方をされておられました。
 一定のランクにまで到達すると、戻るのは早いものなので、そこを目指して励みましょう!

 今回はキャンセルも無く、熱気のある会場でした!。


参加者の内訳;無料正会員9名、賛助会員3名、準会員4名、正会員1名