■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第108回)アフターレポート

10月1日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


参加者のクロッキー


・午後3時〜「美術解剖学講座」『骨格 - 下肢(骨盤)』
 12名参加。
 骨格模型と資料プリントを参考に描いてもらい、講義。

・午後4時〜「 男性ヌード クロッキー」

 20分間×7回で行いました。

 今回は、筋肉質の男性モデルさんで、骨格がわかりやすかったという感想がありました。
 ストップモーションのポーズを20分で2回行いました。
 動いている途中で止まってもらい、それを3分、2分、1分で書くというものです。
 ポーズが自然で、連続性もあり勉強になります。

 難しかったという方、面白かったという方、様々でした。

 終了後の「見せっこ」には14名が参加。

 その後の「講評・アドバイス」希望者は、11名。

 遠くに引っ越されてしうので、今日が最後の参加という方が、残念だとのことでした。


参加者の内訳;無料正会員11名、賛助会員4名、一般1名