■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第112回)アフターレポート

12月3日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


参加者のクロッキー


・午後3時〜「美術解剖学講座」10名参加。
 男性筋肉全身像(石膏)を描いてもらい、資料・筋肉図等を使い30分程、全身の筋肉について講義。

・午後4時〜「 男性コスプレ(マラソンランナー)」
 20分間×7回で行いました。

 世界選手権に二度出場したことがあるという方で、細身ながら筋肉がわかりやすく勉強になりました。
 ポーズも一生懸命で新鮮、もう一度描きたいという方も何人かいました。

 今回は、ストップモーションクロッキーも取り入れ、ランニング時ウォーミングアップの動作を描きました。

 終了後の「見せっこ」には14名が参加。

 その後の「講評・アドバイス」希望者は、13名。

 今回初参加の方は、美術解剖学講座から最後の「講評・アドバイス」まで、熱心に参加されていました。
 継続参加の方の中で数名が、目に見えて上達して来ているのが確認出来ました。


参加者の内訳;無料正会員13名、賛助会員1名、正会員2名