■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第163回)アフターレポート

1月19日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


参加者のクロッキー


・午後3時〜「男性全身筋肉像(石膏)デッサン」12名参加。

・午後4時〜「男性ヌードクロッキー会」
 今回のモデルさんは、能や謡の経験のある舞台役者さんでした。

 前半で、基本の長めのデッサン(椅子-10分×2回・立ち-20分×1回・寝-10分×2回・床座り-7分×3回・をやりました。
 後半で、ストップモーション(20分間の動きの中で、3分×3回・2分×3回・1分×2回停止)とムーヴィング(20分)のポーズを行ないました。
 能や謡の動きを生かした、極めて緩やかな動きは、描く側にはとてもやり易かった様です。

 終了後の「見せっこ」には、15名が参加。

 「講評・アドバイス」希望者は、12名でした。

 今回は、久しぶりに顔を出した方が何人か居て、続けて描いている人達の上達した様子に、感心していました。
 一般参加の熱心な学生達にも、良い刺激になっていると思います。


c 参加者の内訳;無料正会員9名、賛助会員2名、一般6名