■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第172回)アフターレポート

7月12日(日)に「武蔵野市民会館」にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


参加者のクロッキー


・午後3時〜「人体の骨格-頭部」5名参加。

・午後4時〜「女性ヌードクロッキー」
 今回のモデルは、舞台の役者さんをされているの女性でした。
 以前、お願いしたことが何度かありましたが、久しぶりのポージングでした。
 
 基本のタイムテーブル(椅子-20分×1回・立ち-20分×1回・寝-10分×4回・床座り-7分×3回・いろいろのポーズで3分×3回・2分×3回・1分×4回、立ち-5分×2回・10分×1回)を行ないました。

 今回も、新型コロナウイルス流行の影響での会場使用上の各種制限をクリアして、開催しました。

 「見せっこ」は希望者のみで、8名参加で行いました。

 「講評・アドバイス」希望者も、8名でした。

 一般参加のアニメーターさんが2名初参加されていたので、会員へのお誘いをしておきました。終わり頃話しかけられたのですが、僕の10年前位の教え子で、先輩の女性に勧められて参加とのことでした。
 まだ、頑張って仕事続けていたのだと、感慨深かったです


参加者の内訳;無料正会員6名、一般4名