■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第184回)アフターレポート

1月17日(日)に「武蔵野市民会館 美術工芸室」にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


参加者のクロッキー


・午後1時〜「人体の筋肉 -下肢-2」 7名参加。
 下肢の筋肉(下腿部)を、骨格模型や筋肉掛け軸図、資料プリントを使い説明しました。

・午後2時〜「子供2人(七歳姉と四歳弟)コスプレクロッキー」
 今回は、最近人気の漫画(アニメ)のキャラクターコスプレで、小さな子どもの姉弟にモデルをして貰いました。
 姉とても元気な子供達で、飛んだり跳ねたり自在に動き回っていました。
 長い時間ですので、当然兄弟喧嘩勃発でお姉ちゃんが泣かされる場面も・・。
 中々に楽しいクロッキー会だったと思います。

タイムテーブル20分×6回を行ないました。

 今回も、新型コロナウイルス流行の影響で、会場使用上の各種制限をクリアしての開催でした。

 「見せっこ」は希望者、9名参加で行いました。

 希望者への「講評・アドバイス」は、使用時間の関係で、全員には出来ませんでしたでした。

 二度目の緊急事態宣言の関係で、夜の会場使用が出来ず、開始時間を繰り上げ、クロッキー時間も短縮で開催しました。


参加者の内訳;無料正会員8名、賛助会員1名、一般1名