TOPICS

[1](08/14)「パースの基礎講座」開催のお知らせ
[2](07/17)「人体デッサン・クロッキー会」(第128、129回)開催のお知らせ
[3](06/20)JAniCA事務所移転のご案内

(08/14更新)
「パースの基礎講座」(第4回)開催のお知らせ
 一昨年のレイアウト講座では『歴史講座』『カメラ講座』『実践的パース講座』を開催しましたが、 その際「パースの基礎を学びたい」という要望を幾つかいただきました。
 開催する側としてもそこは気になっていた所で、「次の開催には何とか実施したい」と考えて講師の方を探していたのですが、 幸い日頃から某社内で新人原画向けに講習されている 村田和也さんに昨年は講師を引き受けていただきました。
 村田さんは、伝統的なアニメ手法を踏まえた上で、パース、カメラを意識した画面作りの理論を独自に構築されてきた監督です。 (私も知らなかった理論の作図を拝見しました!)
 講座ではその理論を元に作成された図表の解説を中心に、アニメーターに向いたパース講座を開催いたします。 (メモと筆記用具、10枚位の動画用紙かクロッキー帳等の紙、定規等が必要な講座になります)
 パースの基礎講座と言っても一般のパース解説書に描かれている内容とはやや違って、 『光学理論的に正確な空間を求める作品のための、かなり突っ込んだ内容のパースの基礎講座』です。
 アニメのレイアウトのためにパースの基礎的な知識を学びたい方、ぜひ御参加下さい!
詳しくはこちら

(07/17更新)
「レイアウトの歴史講座」開催のお知らせ
 8月開催の『レイアウトの歴史講座』講師は私、笹木信作です。
 この講座は、以後に開講する一連のパースやカメラの講座を 補う内容になっています。
 『レイアウト講座』として複数の講座を開くのには上に描いた 様な理由があります。 私達の「アニメのレイアウト」には、 残念ながら客観的に統一された技術論が今のところありません。 また、時代や作品によってレイアウトの傾向も変わります。

 アニメ以外の技術論として取り上げ得るのが、「カメラ(レンズ)」 の知識と「パース(透視図法)」の知識です。 これらは、 アニメ以外の世界で既に構築された技術で、現在のアニメの レイアウトにとって重要な知識です。
 しかし、「レンズ」や「パース」が、「アニメ」に最初から 内包されていた訳ではありません。 それらを紆余曲折しつつ 取り入れてきて「アニメのレイアウトってこうじゃないか…」と 様々な人が探り『独自に進化した歴史』があるわけです。
 そこで、その『独自の進化をしたアニメのレイアウトの歴史』を、 資料映像とともに解説し、ザックリ追うことで、新人原画さんに 向けてのヒントや手立てにしたいと考え、この『レイアウトの 歴史講座』を開く事にしました。
 特に伝えたいのは、パースやカメラが強く意識される前に 醸成された『キャラクターのための空間』の歴史とその考え方です。
(この『キャラクターのための空間』に関しては、幾つかの 方法も解説します)
 アニメーションではその世界にあった空間が求められますが、 実際の人の像ではない『キャラクター』というものが存在する 空間とはどういうものか…それ等が追求されて来たのを前半とし、 より実在感が求められる世界を描くためにパースやカメラを 意識したレイアウトが求められていくのを後半として、 『レイアウトの歴史』を解説していきたいと思います。

詳しくはこちら

(07/17更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第128、129回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 8/5は「女性着衣(夏・浴衣)」・解剖学講座「人体の骨格-体幹(胸郭)」、 8/19は「女性ヌード」・解剖学講座「男性筋肉全身像(石膏)」を予定しております。
詳しくはこちら

(06/20更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第126、127回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 7/1は「女性ヌード固定ポーズ(寝ポーズ)」・解剖学講座「人体の骨格-体幹(脊柱)」、7/15は「男性ヌード(ボクサー)」・解剖学講座「人体の骨格-体幹(胸郭)」を予定しております。
詳しくはこちら

(06/20更新)
JAniCA事務所移転のご案内
 この度JAniCAは、千代田区外神田から岩本町へ事務所を移転しましたのでご案内を申し上げます。 新事務所では平成30年6月20日(水)より業務を行います。 何かとご不便をおかけ致しますが今後ともよろしくお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。
 なお、ご来訪いただく際には、事前にJAniCA事務局(postmaster@janica.jp)までご予約ください。

平成30年6月20日(水)より新事務所にて業務開始いたします。
〒101-0021
東京都千代田区岩本町3−6−8 川野商事ビル2階
「一般社団法人 日本アニメーター・演出協会」
TEL:03-6262-9770 (変更なし)
FAX:03-6262-9780 (変更なし)
Mail:postmaster@janica.jp

詳しくはこちら

(05/28更新)
2018年 会員総会開催のお知らせ
 2018年6月17日(日)午後、「『Three Eight Nine MITAKA』 2階」において、会員総会を行います。
 本総会では任期満了に伴う理事、監事の改選が行われます。 理事6名、監事1名の定員に対し今回は理事立候補者4名の信任投票が行われます。 仮に4名信任されたとしても理事2名,監事1名の欠員が生じることになり、 来年度総会ではその補充選挙が行われますので正会員の皆様には積極的にご協力をお願いいたします。 ご多用とは存じますが、万障お繰り合わせの上、是非ご出席下さい。
 総会では予定された議題に限らず、JAniCAの活動やアニメ制作に関わる問題の討議も行われます。 日ごろ、仕事の中で感じる疑問や質問などありましたら、是非総会の場でご発言ください。

詳しくはこちら

(05/28更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第124、125回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 6/3は「男性ボクサー着衣」・解剖学講座「人体の筋肉 下肢-1」、6/24は「母子(0歳男子)着衣」・解剖学講座「人体の筋肉 下肢-2」を予定しております。
詳しくはこちら
(6/26 追加)
6/3の「アフターレポート」はこちら
6/24の「アフターレポート」はこちら

(04/16更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第122、123回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 5/6は「女性ヌード(均整のとれた女性)」・解剖学講座「人体の筋肉-上肢(鎖骨・肩甲骨・上腕骨)」、5/27は「男性ヌード(痩せ型の若者)」・解剖学講座「人体の筋肉-上肢(前腕・手)」を予定しております。
詳しくはこちら
(6/26 追加)
5/6の「アフターレポート」はこちら
5/27の「アフターレポート」はこちら

(03/19更新)
『人体構造美術解析画法講座2018』開催のお知らせ
 『人体構造美術解析画法講座2018』は、「解らなければ、描けない」から「描けてはじめて解った」という、 絵を描く人が人体を描く為の力を付ける画法講座です。
 観察するだけでは捉えることが難しい、人体の構造を「美術解剖学的」に認識して、 描写力を養い、仕事に役立てることを意図しています。 人体の仕組みを理解することで「動き」に対しての曖昧さが減り、 アニメーション表現の特徴である「誇張」や「飛躍」といった部分も、 説得力を持って描くことが可能になります。
 本講座では、女性モデル(理学療法士)と美術講師(日本美術解剖学会会員) による、身体に触って・身体に描き込んで学ぶ講座です。

・アニメーターが必要とする基礎的な人体の形態や構造に関する知識と描写力を身に付ける
・骨格や筋肉が体表の形状をどのように形成するかを観察し描写する
・どのような仕組みで運動や動作を引き起こすかを観察し描写する

詳しくはこちら

(03/19更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第120、121回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 4/1は「男性ヌード固定ポーズ(筋肉質)」・解剖学講座「人体の筋肉-体幹(背中)」、4/15は「女性ヌード(ダンサー)」・解剖学講座「人体の筋肉-体幹(胸・腹)」を予定しております。
詳しくはこちら
(6/26 追加)
4/1の「アフターレポート」はこちら
4/15の「アフターレポート」はこちら

(02/19更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第118、119回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

  3/4は「女性ヌード(妖艶な大人の女性)」・解剖学講座「人体の筋肉-全身」、3/18は「小学生と中学生の姉妹」・解剖学講座「人体の筋肉-頭部」を予定しております。
詳しくはこちら
(6/26 追加)
3/4の「アフターレポート」はこちら
3/18の「アフターレポート」はこちら

(01/22更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第116、117回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 2/4は「女性ヌード」・解剖学講座「男性全身筋肉像(石膏)-1」、2/18は「ロシア人男性ヌード」・解剖学講座「男性全身筋肉像(石膏)-2」を予定しております。
詳しくはこちら
(2/21 追加)
2/4の「アフターレポート」はこちら
2/18の「アフターレポート」はこちら

2017年のトピックはこちら
2016年のトピックはこちら
2015年のトピックはこちら
2014年のトピックはこちら
2013年のトピックはこちら
2012年のトピックはこちら
2011年のトピックはこちら
2010年のトピックはこちら
2009年のトピックはこちら
2008年のトピックはこちら