TOPICS

[1](11/29)『クロッキー会(大阪会場)』(第004回)開催のお知らせ
[2](11/20)「アニメーター向け健康診断」(2019年)実施のお知らせ
[3](11/18)「人体デッサン・クロッキー会」(第160、161回)開催のお知らせ
[4](11/11)「アニメーション制作者実態調査2019」へのご協力ありがとうございました。
[5](11/01)(Yahoo!募金)「京都アニメーション応援募金」について

(11/29更新)
『クロッキー会(大阪会場)』(第004回)開催のお知らせ
 東京地区と同じく、大阪地区でもクロッキー会を月1回の定期開催をいたします。 プロのモデルによる画力向上が体験出来る講座が関西の会員の皆様にも無料で受けられます。 ご参加をお待ちしております。
 会員以外のアニメーター、一般、学生も席に余裕がある限り無料で同じく受講できますので会員のご友人などなど、 ぜひともクロッキー会の紹介をして頂ければと思います。
詳しくはこちら

(11/20更新)
「アニメーター向け健康診断」(2019年)実施のお知らせ
 昨年に引き続き、本年もJAniCAでは、アニメーターを始めとする会員の皆様の健康に寄与するために、 業界の方向けの健康診断を実施することとしました。フリーランスとして仕事をする上で、 身体の健康は重要な基盤となります。健康診断を受診することで健康について考える機会になればと思います。
 本健診はJAniCA会員に限定せずに、アニメ・ゲーム・マンガなどの業界でお仕事をされている方と そのご家族を対象としております。

■健診実施日
2019年12月1日〜2020年3月10日
■受付〆切
2020年1月17日(金)17時まで

詳しくはこちら

(11/18更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第160、161回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 12/1は「男性ヌード(ボディービルダーの若者)」・解剖学講座「人体の骨格と筋肉(下肢-2)」、12/15は「女性ヌード(7.5頭身のアイドル体系)」・解剖学講座「人体の骨格と筋肉(下肢-2)」を予定しております。

詳しくはこちら

(11/11更新)
「アニメーション制作者実態調査2019」へのご協力ありがとうございました。
 一般社団法人日本アニメーター・演出協会(JAniCA)は、 大日本印刷株式会社(DNP)が文化庁より委託をされた 文化庁平成30年度メディア芸術連携促進事業の調査研究において DNPと協力し「アニメーション制作者実態調査2019」を実施し、 『アニメーション制作者実態調査 報告書2019』を JAniCAのWebサイトにて公開しました。

 ご多忙の中、本調査にご協力を賜りました皆様に感謝の意を表します。

詳しくはこちら

(11/04更新)
『クロッキー会(大阪会場)』(第003回)開催のお知らせ
 東京地区と同じく、大阪地区でもクロッキー会を月1回の定期開催をいたします。 プロのモデルによる画力向上が体験出来る講座が関西の会員の皆様にも無料で受けられます。 ご参加をお待ちしております。
 会員以外のアニメーター、一般、学生も席に余裕がある限り無料で同じく受講できますので会員のご友人などなど、 ぜひともクロッキー会の紹介をして頂ければと思います。
詳しくはこちら

(11/01更新)
(Yahoo!募金)「京都アニメーション応援募金」について
 一般社団法人日本アニメーター・演出協会は、事件で傷ついたアニメ制作者の方々への支援を目的とし、ヤフー株式会社のご協力のもと、 被災された京都アニメーション従業員の方々のための支援募金を7月26日より行い、多くの方々にご協力を頂きました。 その内、10月末までにヤフー株式会社よりJAniCAに入金されました、延べ65,405名からの義援金を、以下の通り振込いたしました。

義援金:55,175,859円
振込先:京都府

詳しくはこちら
プレスリリース:(Yahoo!募金)「京都アニメーション応援募金」について(pdf形式)

(10/29更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第158、159回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 11/3は「着衣女性と猫(トンキニーズ種)」・解剖学講座「なし」、11/17は「男性ヌード(ストップモーション、ムーヴィングポーズを含む)」・解剖学講座「人体の骨格と筋肉(下肢-1)」を予定しております。

 11/3開催分は、施設予約の都合上@解剖学はありません。A18時開始となりますので、ご注意ください。

詳しくはこちら

(10/09更新)
経済産業省『令和元年度 下請法・アニメーション制作業界におけるガイドライン講習会』開催のお知らせ
 令和元年8月に「アニメーション制作業界における下請適正取引等の推進のためのガイドライン」(経済産業省)が改訂されました。

アニメーション制作業界における下請適正取引等の推進のためのガイドライン
https://www.meti.go.jp/press/2019/08/20190809004/20190809004-1.pdf

 JAniCAでは、同事業に対して、会員の皆様へのアンケート票の発送、ヒアリングの募集、委員会への出席などの協力を行いました。 その結果、普段みなさんの目の前で起こっている問題などが「報告書」にまとめられ、 今回の改訂版ガイドラインでは、是正すべき点が整理され記載されています。
 しかし、皆様が日々「この商取引はおかしいかな?」と疑問に感じても、 自分の置かれている状況がおかしいかどうか判断がつかない場合もあるかと思います。

 そこで、ガイドラインの周知とともに、皆様のかかえる疑問にお答えする講習会、 「経済産業省『令和元年度 下請法・アニメーション制作業界におけるガイドライン講習会』」を開催いたします。

 日々の制作業務でお忙しいとは存じますが、ぜひご参加下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

詳しくはこちら

(09/28更新)
『パース・レイアウト講座:応用編『超簡単・画角とアングルのコントロール』 湯浅誠』(第5回)開催のお知らせ
 JAniCAの『レイアウト講座』は、初心者向けにそれぞれの講座を開催しています。 しかし今回は、「今以上にパースについてもっと踏み込んだ勉強をしたい」という方に向けた講座、 『もっとパースが深く知りたい人のための透視図法講座』が今年から改題して 『パース・レイアウト講座:応用編『超簡単・画角とアングルのコントロール』 湯浅誠』になりました。

 「原画やレイアウトを描き始めてしばらく経つけれど、却ってパースについて判らないことが 生まれてくるんだよなあ…」 と思っているような、 少し原画を経験したアニメーター向けの内容をイメージしています。
 例えば『平面上の円の簡単な求め方』や『設定した画角における平面上の正方形の奥行きの割り出し方』ってわかりますか? 知りたくありませんか?この講座を受ければわかります。しかも最も簡単な方法がわかるのです(私の知る限り)。
 本講座ではアニメーション業界の中からでなく、東京デザイナー学院でもパースの授業をされている湯浅誠さんに講師をお願いしました。 湯浅さんは建築パースの制作会社に務めた経験や小学館でマンガの連載経験もある方で、 現在は『マンガ・アニメで必要になる描き方』を理解した上で、『パースの専門家』から見た授業をされています。 アニメ業界の外から、客観的にパースの事を教えてもらうには最適ではないかと考え、 講座をお願いしました。

 さらに踏み込んだ透視図法を知りたい皆さん、パースの事で日頃ため込んでいる疑問を湯浅さんに投げかけてみませんか? 申込みの際には質問も受付けますので、ぜひ受講してみて下さい!

詳しくはこちら

(09/26更新)
「パース・レイアウト講座:実践編−芦野芳晴」(第6回)開催のお知らせ
 講師の芦野芳晴さんは歴史講座で言うと、3点透視のパース・レンズの意識を 実作業の上で追求する事を考えているタイプの監督でありアニメーターの方です。 平面的なアニメと違って、3点透視のパース・レンズを重視して画面で考えていく上でどういう事が起こるか、 どのようになるはずかという事を解説して頂く講座になります。
 具体的には、受講者の方にいくつかの課題を出しラフレイアウトを描いてもらって、 それについて芦野さんがありがちな問題点や押さえるべきポイントを解説していくというワークショップ形式です。 「レイアウトではこう言うミスが起こりがちだけど、パースやレンズの知識を反映するとこのようになる」ーという内容で、 アニメーターの方にはより掴みやすい実践的な講座です。
 3点パースを厳密に考えると、アニメでは『パース的には正確ではないレイアウト』が多々見かける訳ですが、 知らずに間違っているのと知っていてあえて描くのとは大きな違いがあります。 パースの正確さを追求した作品を作る時にはもちろん、そこまで厳密でない作品を描くとしても、 この点を学んでおく事は非常に意味があると思います。

 3点透視のパースを意識したレイアウトの実践的な知識を学びたい方、ぜひ御参加下さい!

詳しくはこちら

(09/17更新)
『クロッキー会(大阪会場)』(第002回)開催のお知らせ
 東京地区で実施されているクロッキー会と同じく、大阪地区でもクロッキー会を継続して月1回の開催をいたします。 関西の会員の皆様にも画力向上又は維持の講座が無料ですので、ご参加をお待ちしております。
 会員以外のアニメーター、一般、学生も席に余裕がある限り無料で同じく受講できますので会員のご友人などなど、 ぜひともクロッキー会の紹介をして頂ければと思います。
詳しくはこちら

(09/16更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第154、155回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 10/6は「男性ヌード」・解剖学講座「人体の骨格と筋肉(上肢-3)」、10/20は「女性ヌード」・解剖学講座「人体の骨格と筋肉(下肢-1)」を予定しております。
詳しくはこちら

(09/05更新)
『アニメ関係者のための税務相談会』開催のお知らせ
  日頃、作品制作に注力しているアニメ関係者にとって、間近に 迫っている消費税増税や、インボイス制度など、知りたいけれども なかなか専門的な知識を得る機会がないのではないでしょうか。
 今回、税理士さんをお招きして、消費税やインボイス制度などに 関する講座を開講いたします。
詳しくはこちら

(08/30更新)
「パース・レイアウト講座 カメラ編ー橋本伸吾」(第6回)開催のお知らせ
 この講座はJAniCAが平成22年〜25年に文化庁より受託した 「若手アニメーター等人材育成事業」内にて開講し、好評を得た 「カメラ講座」が元になっています。本年度も一連のレイアウト講座と 連動し「パース・レイアウト講座 カメラ編」を開催いたします。
 レイアウトのため、カメラ(レンズ)の知識を学びたい方は、ぜひ御参加下さい。

詳しくはこちら

(08/19更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第154、155回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 9/1は「女性ヌード」・解剖学講座「人体の骨格と筋肉(上肢-1)」、9/15は「女性ヌード」・解剖学講座「人体の骨格と筋肉(上肢-2)」を予定しております。
詳しくはこちら

(08/05更新)
『クロッキー会(大阪会場)』(第001回)開催のお知らせ
 東京地区で実施されているクロッキー会と同じく、 大阪地区でもクロッキー会開催(9/16)の運びとなりました。
 東京地区ばかりと思われている関西の会員の皆様にも画力向上又は維持の講座がやってまいりました。 無料ですのでお時間を作ってでもご参加をお待ちしております。
 会員以外のアニメーター、一般、学生も席に余裕がある限り無料で同じく受講できますので会員のご友人などなど、 ぜひともクロッキー会の紹介をして頂ければと思います。
詳しくはこちら

(08/01更新)
「パース・レイアウト講座:基礎編ー村田和也」(第5回)開催のお知らせ
 当初レイアウト講座では『歴史講座』『カメラ講座』『実践的パース講座』を開催しましたが、 その際「パースの基礎を学びたい」という要望を幾つかいただきました。
 開催する側としてもそこは気になっていた所で、「次の開催には何とか実施したい」と考えて講師の方を探していたのですが、幸い日頃から某社内で新人原画向けの講習をされている村田和也さんに講師を引き受けていただきました。
 村田さんは、伝統的なアニメ手法を踏まえた上で、パース、カメラを意識した 画面作りの理論を独自に構築されてきた監督です。 (初めての打ち合わせでは、私も知らなかった理論の作図を拝見しました!)
 講座ではその理論を元に作成された図表の解説を中心に、 アニメーターに向いたパース講座を開催いたします。 (メモと筆記用具、10枚位の動画用紙かクロッキー帳等の紙、定規等が必要な講座になります)
 パースの基礎と言っても一般のパース解説書に描かれている内容とはやや違って、『光学理論的に正確な空間を求める作品のための、かなり突っ込んだ内容のパースの基礎講座』です。
 アニメのレイアウトのためにパースの基礎的な知識を学びたい方、ぜひ御参加下さい!

詳しくはこちら

(08/01更新)
「パース・レイアウト講座:歴史編−笹木信作」(第6回) 開催のお知らせ
 この講座は、以後に開講する講座を補うための講座です。
 『レイアウト講座』として複数の講座を開くのには上の文章に描いた様な理由があります。 私達の「アニメのレイアウト」には、残念ながら客観的に統一された技術論が今のところありません。
 また、時代や作品によってレイアウトの傾向も変わります。

 アニメ以外の技術論として取り上げ得るのが、「カメラ(レンズ)」の知識と「パース(透視図法)」の知識です。 これらは、アニメ以外の世界で既に構築された技術で、現在のアニメのレイアウトにとって重要な知識です。
 しかし、「レンズ」や「パース」が、「アニメ」に最初から内包されていた訳ではありません。 それらを紆余曲折しつつ取り入れてきて「アニメのレイアウトってこうじゃないか…」と様々な人が探り『独自に進化した歴史』があるわけです。
 そこで、その『独自の進化をしたアニメのレイアウトの歴史』を、資料映像とともに解説し、ザックリ追うことで、新人原画さんに向けてのヒントや手立てにしたいと考え、この『レイアウトの歴史講座』を開く事にしました。
 特に伝えたいのは、パースやカメラが強く意識される前に醸成された『キャラクターのための空間』の歴史とその考え方です。
(この『キャラクターのための空間』に関しては、幾つかの方法も解説します)
 アニメーションではその世界にあった空間が求められますが、実際の人間像ではない『キャラクター』というものが存在する空間とはどういうものか…それが追求されて来たのを前半とし、より実在感が求められる世界を描くためにパースやカメラを意識したレイアウトが求められていくのを後半として、『レイアウトの歴史』を解説していきたいと思います。

 「レイアウトがどうも良く解らない」「『パースをキチッと取っただけでは良いレイアウトにならない』と言われて、よけいに混乱する」等と 思っている皆さんにヒントになるような内容を心がけています。
 是非御参加下さい!

詳しくはこちら

(08/01更新)
『パース・レイアウト講座』(第6回/2019年)開催のお知らせ
 今年度もJAniCAでは、主に新人原画の方に向けてレイアウトの空間作りを解説する講座、パース・レイアウト講座、 『歴史編−笹木信作』、『基礎編−村田和也』、『カメラ篇−橋本伸悟』、『実践編−芦野芳晴』、『応用編−湯浅誠』の5つを、 8〜11月にかけて連続して開講いたします。
詳しくはこちら

(07/22更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第152、153回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 08月04日は「男性コスチューム(プロボクサー)」・解剖学講座「人体の骨格と筋肉 上肢-1」、08月18日は「女性コスチューム(浴衣、前半 60分固定ポーズデッサン・後半 短時間クロッキー)」・解剖学講座「人体の骨格と筋肉 上肢-2」を 予定しております。
詳しくはこちら
(8/29 追加)
8/4の「アフターレポート」はこちら
8/18の「アフターレポート」はこちら

(06/20更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第150、151回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 07月07日は「女性ヌード(不思議な雰囲気のモデル)」・解剖学講座「人体の骨格と筋肉 体幹-1」、 07月21日は「男性ヌード(ボディービルダー)」・解剖学講座「人体の骨格と筋肉 体幹-2」を 予定しております。
詳しくはこちら
(8/29 追加)
7/7の「アフターレポート」はこちら
7/21の「アフターレポート」はこちら

(05/27更新)
2019年 会員総会開催のお知らせ
 2019年6月23日(日)午後、「『Three Eight Nine MITAKA』 2階」において、会員総会を行います。
 本総会では前回総会において定数に満たなかった理事2名・監事1名の補充を予定しておりましたが立候補者がなく、 欠員については、定款第20条4項に基づき、後任の選任まで前任者が務めることとなります。 ご多用とは存じますが、万障お繰り合わせの上、是非ご出席下さい。
 総会では予定された議題に限らず、JAniCAの活動やアニメ制作に関わる問題の討議も行われます。 日ごろ、仕事の中で感じる疑問や質問などありましたら、是非総会の場でご発言ください。
 なお、今回の総会では特別決議事項が予定されているため、委任状を含め3分の2以上ご参加が必要です。 総会にご参加いただけない正会員の皆さまは、別送のご案内に同封しております委任状により、 代理人の氏名又は事前投票をお願します。

詳しくはこちら

(05/20更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第148、149回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 06月02日は「女性ヌード(ダンサーによるムービングを含む)」・解剖学講座「人体の骨格 脊柱」、 06月16日は「小六女子と小四男子の姉弟でサッカーユニホーム」・解剖学講座「実施なし」を 予定しております。
(重要)6/16開催分は、施設予約の都合上@解剖学はありません。A18時開始となりますので、ご注意ください。
詳しくはこちら
(8/29 追加)
6/2の「アフターレポート」はこちら
6/23の「アフターレポート」はこちら

(04/22更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第146、147回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 05月05日は「女性ヌード(色白の若い女性)」・解剖学講座「人体の骨格と筋肉 頭部」、 05月19日は「男性ヌード(筋肉質)」・解剖学講座「人体の骨格と筋肉 頸部」を 予定しております。
詳しくはこちら
(8/29 追加)
5/5の「アフターレポート」はこちら
5/19の「アフターレポート」はこちら

(03/30更新)
アニメーター結婚出産育児経験共有会
 働く女性アニメーターの結婚・出産・育児に関して、 また出産後・育児中・育児後の仕事への復帰時期、復帰方法など、 当事者が自身の経験として知ることはあっても、 他の人たちがどのように体験しているのかという情報を 知る機会はこれまでほとんどありませんでした。 多くの男性にとっては考える機会自体がなかったはずです。 今回、賛同いただきました7人の女性アニメーターの皆様にインタビューを行い、 仕事との関係を中心にお話を伺いました。
詳しくはこちら

(03/18更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第144、145回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 04月07日は「女性ヌード(ストッキング/手袋使用・大人の女性)」・解剖学講座「人体の骨格と筋肉(下肢-下腿)」、 04月21日は「男性着衣(帽子とお洒落コート/スーツ・二種類固定ポーズ)」・解剖学講座「人体の骨格と筋肉(下肢-足)」を 予定しております。
詳しくはこちら
(8/29 追加)
4/7の「アフターレポート」はこちら
4/21の「アフターレポート」はこちら

(03/05更新)
『美術解剖学講座2019』開催のお知らせ
 『美術解剖学講座2019』は、「解剖学的視点から人体を描く為の力を付ける画法講座です。
 観察するだけでは捉えることが難しい、人体の構造を「美術解剖学的」に認識して、 描写力を養い、仕事に役立てることを意図しています。 人体の仕組みを理解することで「動き」に対しての曖昧さが減り、 アニメーション表現の特徴である「誇張」や「飛躍」といった部分も、 説得力を持って描くことが可能になります。
 本講座では、女性モデル(理学療法士)による、身体に触って・身体に描き込んで学ぶ講座です。 今回は【関節】に特化してその構造、動き方や見え方の特徴について5回に渡って学んでいきたいと思います。

・アニメーターが必要とする基礎的な人体の形態や構造に関する知識と描写力を身に付ける
・骨格や筋肉が体表の形状をどのように形成するかを観察し描写する
・どのような仕組みで運動や動作を引き起こすかを観察し描写する

詳しくはこちら

(02/22更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第142、143回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 03月03日は「男性ヌード(筋肉質のモデル)」・解剖学講座「人体の骨格と筋肉 下肢-1(骨盤)」、 03月17日は「女性コスチューム固定ポーズ(二種類のコスチューム)」・解剖学講座「人体の骨格と筋肉 下肢-2(大腿部)」を 予定しております。
詳しくはこちら
(8/29 追加)
3/3の「アフターレポート」はこちら
3/17の「アフターレポート」はこちら

(01/27更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第140、141回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 2/3は「女性ヌード(ポーズ上手のモデル)」・解剖学講座「人体の骨格と筋肉-上肢-2(前腕部・手)」、2/17は「男性着衣(古武道家、道着/袴)」・解剖学講座「人体の骨格と筋肉-下肢-1(骨盤・大腿部)」を予定しております。
詳しくはこちら
(2/25 追加)
2/3の「アフターレポート」はこちら
2/17の「アフターレポート」はこちら

2018年のトピックはこちら
2017年のトピックはこちら
2016年のトピックはこちら
2015年のトピックはこちら
2014年のトピックはこちら
2013年のトピックはこちら
2012年のトピックはこちら
2011年のトピックはこちら
2010年のトピックはこちら
2009年のトピックはこちら
2008年のトピックはこちら