TOPICS

[1](12/12)「アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)2018」開催のお知らせ
[2](12/02)「デジタル絵コンテアプリ(仮称) for iOS 紹介セミナー」開催のお知らせ
[3](11/17)「人体デッサン・クロッキー会」(第112、113回)開催のお知らせ
[4](10/25)『ショートアニメーション メイキング講座〜吉邉尚希 works by CLIP STUDIO PAINT PRO/EX-はじめて触れるアニメ機能-』配布のお知らせ

(12/012更新)
文化庁委託事業「平成29年度文化庁メディア芸術連携促進事業」
「アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)2018」
開催のお知らせ

 今年度に入り、各社・各制作ラインでは実制作に向けて急速に体制を整えつつあります。しかし、作品の方向性により社内外の制作体制を柔軟に組み替えることができる特色を活かした形での制作システム導入はまだまだ発展途上です。
 そこで、昨年に引き続き「アニメーション制作に係わる制作者が必要とするデジタル制作技術に関する情報獲得の機会を提供する」ことを目的とし、今年度も「ACTF2018」を開催いたします。

詳しくはこちら

(12/02更新)
「デジタル絵コンテアプリ(仮称) for iOS 紹介セミナー」開催のお知らせ
 デジタル環境での原画や動画を描く事は、精度や表現方法だけでなく、 撒き方、アップ時の受け入れ体制など業界全体の作業フローが確立しておらず、 多くのラインで試行錯誤が続いています。
 しかし、比較的少人数で対応する場面が多く、 デジタル化の導入ギャップが少ない「絵コンテ」については、 PhotoshopやCLIP STUDIO PAINTなどを用いて作業されている方も増えてきました。

 そこで、アニメ制作の現場担当者の開発による 「デジタル絵コンテアプリ(仮称) for iOS 紹介セミナー」を企画いたしました。 アニメ制作に携わる皆様のご参加をお待ちしております。
詳しくはこちら

(11/17更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第112、113回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 12/3は「男性ヌード(マラソンランナー)」・解剖学講座「人体の筋肉-3(筋肉石膏像使用)」、12/17は「Wポーズクロッキー(女性モデル2人)」・解剖学講座【開催なし】を予定しております。 ★12/17は普段と時刻・内容が異なりますのでご注意ください★
詳しくはこちら

(11/16更新)
『もっとパースを深く知りたい人のための透視図法講座』(第3回)開催のお知らせ
 JAniCAの『レイアウト講座』は、初心者向けにそれぞれの講座を開催しています。 しかし今回は、「今以上にパースについてもっと踏み込んだ勉強をしたい」という方に向けた講座になります。

 「原画やレイアウトを描き始めてしばらく経つけれど、却ってパースについて判らないことが生まれてくるんだよなあ・・・」 と思っているような、少し原画を経験したアニメーター向けの内容をイメージしています。

 さらに踏み込んだ透視図法を知りたい皆さん、 パースの事で日頃ため込んでいる疑問を湯浅さんに投げかけてみませんか? 申込みの際には質問も受付けますので、ぜひ受講してみて下さい!

詳しくはこちら

(10/25更新)
『ショートアニメーション メイキング講座〜吉邉尚希 works by CLIP STUDIO PAINT PRO/EX-はじめて触れるアニメ機能-』配布のお知らせ
 技術評論社より販売中の『ショートアニメーション メイキング講座〜吉邉尚希 works by CLIP STUDIO PAINT PRO/EX-』(以下、“本冊子”)に収録されている、 CLIP STUDIO PAINTのアニメーション機能の解説部分を抜粋し、 『ショートアニメーション メイキング講座〜吉邉尚希 works by CLIP STUDIO PAINT PRO/EX-はじめて触れるアニメ機能-』(以下、“抜粋版”)を 株式会社セルシスにて制作しました。
 本冊子はCLIP STUDIO PAINTの機能をアニメーターの目線から大変わかりやすくまとめられており、これからデジタル作画に挑戦する方にもおススメできる書籍です。
 抜粋版をご希望の方は、下記フォームからアンケートにご回答いただいた方に無償で送付いたします。 デジタル作画に挑戦する第一歩としてご活用ください。

詳しくはこちら
アンケート&申し込みフォームはこちら

(10/25更新)
「実践的パース・レイアウト講座(第4回)」開催のお知らせ
 JAniCAのレイアウト講座のお知らせです。『レイアウトの歴史講座』『パースの基礎講座』 『レイアウトのためのカメラ講座(この講座は今回は台風による雨のため11月25日に延期いたしました)』に引き続き、 11月19日に『実践的パース・レイアウト講座』を開催いたします。
 この講座もJAniCAが平成22年〜25年に文化庁より受託した 「若手アニメーター等人材育成事業」内にて開講し、好評を得た 「レイアウト講座」が元になっています。

 講師の芦野芳晴さんは歴史講座で言うと、3点透視のパース・レンズの意識を 実作業の上で追求する事を考えているタイプの監督でありアニメーターの方です。 平面的なアニメと違って、3点透視のパース・レンズを重視して画面で考えていく上でどういう事が起こるか、 どのようになるはずかという事を解説して頂く講座になります。
 具体的には、受講者の方にいくつかの課題を出しラフレイアウトを描いてもらって、 それについて芦野さんがありがちな問題点や押さえるべきポイントを解説していくというワークショップ形式で、 アニメーターの方にはより掴みやすく実践的な内容の講座です。
 3点パースを厳密に考えると、アニメでは『パース的には正確ではないレイアウト』が多々見かける訳ですが、 知らずに間違っているのと知っていてあえて描くのとは大きな違いがあります。 パースの正確さを追求した作品を作る時にはもちろん、そこまで厳密でない作品を描くとしても、 この点を学んでおく事は非常に意味があると思います。

 3点透視のパースを意識したレイアウトの実践的な知識を学びたい方、ぜひ御参加下さい!

詳しくはこちら

(10/17更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第110、111回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 11/5は「女性ヌード」・解剖学講座「人体の筋肉-1(筋肉石膏像使用)」、11/19は「女性コスプレ(ゲームキャラ)」・解剖学講座「人体の筋肉-2(筋肉石膏像使用)」を予定しております。
詳しくはこちら

(10/16更新)
「アニメーター向け健康診断(関西)」実施のお知らせ
 本年もJAniCAでは、アニメーターを始めとする会員の皆様の健康に寄与するために、 関西在住の業界の方向けの健康診断を実施することになりました。 フリーランスとして仕事をする上で、身体の健康は重要な基盤となります。 健康診断を受診することで健康について考える機会になればと思います。

 本検診はJAniCA会員に限定せずに、 アニメ・ゲーム・マンガなどの業界でお仕事をされている方で、 普段健康診断を受けていない方を 対象と想定しております。

詳しくはこちら

(10/12更新)
経済産業省『平成29年度 下請法・アニメーション制作業界におけるガイドライン講習会』開催のお知らせ
 平成29年3月に「アニメーション制作業界における下請適正取引等の推進のためのガイドライン」(経済産業省)が改訂されました。

アニメーション制作業界における下請適正取引等の推進のためのガイドライン
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/2014/140313shitaukeGL9.pdf

 JAniCAでは、同事業に対して、会員の皆様へのアンケート票の発送、ヒアリングの募集、委員会への出席などの協力を行いました。 その結果、普段みなさんの目の前で起こっている問題などが「報告書」にまとめられ、 今回の改訂版ガイドラインでは、是正すべき点が整理され記載されています。
 しかし、皆様が日々「この商取引はおかしいかな?」と疑問に感じても、 自分の置かれている状況がおかしいかどうか判断がつかない場合もあるかと思います。

 そこで、ガイドラインの周知とともに、皆様のかかえる疑問にお答えする講習会、 「経済産業省『平成29年度 下請法・アニメーション制作業界におけるガイドライン講習会』」を開催いたします。

詳しくはこちら

(09/29更新)
iPhoneアプリ「JAniCA Watch」をご利用の皆様へ
 この度、iPhone8,iPhone8plus,iOS11対応については当面行わない 運びとなりましたので、お知らせいたします。
 【OSバージョンアップに対応しない】場合は継続してご利用いただけます。 当アプリは32bitアプリです。64bitに対応しておりません。
 ご利用のユーザー様にはご迷惑をおかけし申し訳ございません。 何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

(09/29更新)
「練馬アニメカーニバル2017」に出展いたします。
 JAniCAでは、アニメ事業者が多く、また、積極的な支援活動等をされている練馬区主催の「練馬アニメカーニバル2017」に賛同し、 「アニメーター似顔絵コーナー」として出展いたします。
 アニメ関連会社の多い練馬だからできる催し。プロのアニメーターが似顔絵を描きます。 ご家族やカップル、お子さまのご来場記念など写真とは違う形で残してみてはいかがでしょうか。 お一人さま、所要時間10〜15分程度。1000円(税込)となります。
 画材は、色紙に鉛筆やマーカーなどとなります(担当により画材が異なります)。 ご持参いただいた写真からもお描きすることも可能です。

詳しくはこちら

(09/28更新)
『アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)
 マチアソビ出張講座・入江泰浩ライブドローイング』開催のお知らせ

 本年2月開催の文化庁メディア芸術連携促進事業の連携共同事業「ACTF2018」に 先駆け、現職のアニメーターである入江泰浩氏にデジタル環境での総尺30秒 程度のライブドローイング(作画)していただきます。アニメーターの描線の 速さを実際にご覧いただくだけでなく、デジタル作画でどの程度の精度の動きや 線を表現できるか間近にご覧いただけます。

 当日はスペースにいらした方の中から数名に、ドローイングのモデルとして ご参加をお願いいたします。また、描きながらの質疑応答も予定しておりますので、 作画やデジタルツールについてご興味ある方は是非お立ち寄りください。

 デジタル作画の様子は、USTREAMでの中継も予定しております。
http://www.ustream.tv/channel/janicajimukyoku
ただし、都合により配信遅延や早期に終了する場合がございます。
また、後日に記録映像として再公開も予定しています。

詳しくはこちら
YouTube「ACTFマチアソビ出張講座・入江泰浩ライブドローイング」

(09/27更新)
「アニメーター向け健康診断」実施のお知らせ
 本年もJAniCAでは、アニメーターを始めとする会員の皆様の健康に寄与するために、 業界の方向けの健康診断を実施することになりました。 フリーランスとして仕事をする上で、身体の健康は重要な基盤となります。 健康診断を受診することで健康について考える機会になればと思います。

 本検診はJAniCA会員に限定せずに、 アニメ・ゲーム・マンガなどの業界でお仕事をされている方で、 普段健康診断を受けていない方を 対象と想定しております。

詳しくはこちら

(09/18更新)
「レイアウトのためのカメラ講座」(第4回)開催のお知らせ
 この講座はJAniCAが平成22年〜25年に文化庁より受託した「若手アニメーター等人材育成事業」内にて開講し、 好評を得た「カメラ講座」が元になっています。本年度も一連のレイアウト講座と連動し 「レイアウトのためのカメラ講座」を開催いたします。
 レイアウトのため、カメラ(レンズ)の知識を学びたい方は、ぜひ御参加下さい。

(10/20追加)
台風接近で屋外での撮影実習ができないことが予想されるため、11月25日(土)に順延いたします。

詳しくはこちら

(09/18更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第108、109回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 10/1は「男性ヌード」・解剖学講座「人体の骨格(下肢-1)」、10/15は「妊婦(ヌード→着衣)3ポーズ」・解剖学講座「人体の骨格(下肢-2)」を予定しております。
詳しくはこちら
(10/23 追加)
10/1の「アフターレポート」はこちら
10/15の「アフターレポート」はこちら

(08/21更新)
「パースの基礎講座」(第3回)開催のお知らせ
 一昨年のレイアウト講座では『歴史講座』『カメラ講座』『実践的パース講座』を開催しましたが、 その際「パースの基礎を学びたい」という要望を幾つかいただきました。
 開催する側としてもそこは気になっていた所で、「次の開催には何とか実施したい」と考えて講師の方を探していたのですが、 幸い日頃から某社内で新人原画向けに講習されている 村田和也さんに昨年は講師を引き受けていただきました。
 村田さんは、伝統的なアニメ手法を踏まえた上で、パース、カメラを意識した画面作りの理論を独自に構築されてきた監督です。 (私も知らなかった理論の作図を拝見しました!)
 講座ではその理論を元に作成された図表の解説を中心に、アニメーターに向いたパース講座を開催いたします。 (メモと筆記用具、10枚位の動画用紙かクロッキー帳等の紙、定規等が必要な講座になります)
 パースの基礎講座と言っても一般のパース解説書に描かれている内容とはやや違って、 『光学理論的に正確な空間を求める作品のための、かなり突っ込んだ内容のパースの基礎講座』です。
 アニメのレイアウトのためにパースの基礎的な知識を学びたい方、ぜひ御参加下さい!
詳しくはこちら

(08/21更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第106、107回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 9/3は「男性プロレスラー」・解剖学講座「人体の骨格(上肢-1)」、9/17は「女性ヌード」・解剖学講座「人体の骨格(上肢-2)」を予定しております。
詳しくはこちら
(10/23 追加)
9/3の「アフターレポート」はこちら
9/17の「アフターレポート」はこちら

(07/17更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第104、105回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 8/6は「女性ヌード」・解剖学講座「人体の骨格 体幹-1」、8/20は「男性ヌード」・解剖学講座「人体の骨格 体幹-2」を予定しております。
詳しくはこちら
(08/25 追加)
8/6の「アフターレポート」はこちら
8/20の「アフターレポート」はこちら

(07/10更新)
「レイアウトの歴史講座」開催のお知らせ
 8月開催の『レイアウトの歴史講座』講師は私、笹木信作です。
 この講座は、以後に開講する一連のパースやカメラの講座を 補う内容になっています。
 『レイアウト講座』として複数の講座を開くのには上に描いた 様な理由があります。 私達の「アニメのレイアウト」には、 残念ながら客観的に統一された技術論が今のところありません。 また、時代や作品によってレイアウトの傾向も変わります。

 アニメ以外の技術論として取り上げ得るのが、「カメラ(レンズ)」 の知識と「パース(透視図法)」の知識です。 これらは、 アニメ以外の世界で既に構築された技術で、現在のアニメの レイアウトにとって重要な知識です。
 しかし、「レンズ」や「パース」が、「アニメ」に最初から 内包されていた訳ではありません。 それらを紆余曲折しつつ 取り入れてきて「アニメのレイアウトってこうじゃないか…」と 様々な人が探り『独自に進化した歴史』があるわけです。
 そこで、その『独自の進化をしたアニメのレイアウトの歴史』を、 資料映像とともに解説し、ザックリ追うことで、新人原画さんに 向けてのヒントや手立てにしたいと考え、この『レイアウトの 歴史講座』を開く事にしました。
 特に伝えたいのは、パースやカメラが強く意識される前に 醸成された『キャラクターのための空間』の歴史とその考え方です。
(この『キャラクターのための空間』に関しては、幾つかの 方法も解説します)
 アニメーションではその世界にあった空間が求められますが、 実際の人の像ではない『キャラクター』というものが存在する 空間とはどういうものか…それ等が追求されて来たのを前半とし、 より実在感が求められる世界を描くためにパースやカメラを 意識したレイアウトが求められていくのを後半として、 『レイアウトの歴史』を解説していきたいと思います。

詳しくはこちら

(06/28更新)
自民党 クールジャパン戦略推進特命委員会MANGAナショナル・センター構想PTにて、入江代表が発言しました
 入江泰浩・代表理事が、2017年6月28日(水)8時より開催された自民党政調 クールジャパン戦略推進特命委員会MANGAナショナル・センター構想PTにて 「アニメ業界の現状と課題、支援策とは」として、制作現場の現状と課題、対応策などについて発表の機会をいただきました。
 なお、 各種要望事項のなかでも特に対応に急を要する事項として、動画を担当するアニメーター、新人・若手への支援の取り組みをいただきたい旨、要望しました。
詳しくはこちら

(06/20更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第102、103回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 7/2は「男性コスチューム(パントマイミスト・ムービングポーズも含めて)」・解剖学講座「全身の骨格」、7/16は「女性プロレスラー(東京女子プロレス所属)」・解剖学講座「頭部の骨格」を予定しております。

詳しくはこちら
(08/25 追加)
7/2の「アフターレポート」はこちら
7/16の「アフターレポート」はこちら

(06/11更新)
NHK「クローズアップ現代+」に入江代表が出演いたしました
 JAniCAの入江泰浩代表理事が、2017年6月7日(水)22時より放送された NHK「クローズアップ現代+」に出演いたしました。
 非常に複雑で様々な原因が絡み合い、解決することの難しい課題ですが、 今回の番組がアニメーターや演出に限らず、 アニメ制作現場で働く方々の仕事と暮らしが 少しでも早く良い方向に向かうきっかけとなるよう、 引き続き努めて参ります。ご理解・ご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

詳しくはこちら

(05/18更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第100、101回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 6/4は「男性ヌード(ムービングポーズも含めて)」・解剖学講座「下肢の骨格-1」、6/18は「女性コスチューム(チャイナロリータ)」・解剖学講座「下肢の骨格-2」を予定しております。

詳しくはこちら
(08/25 追加)
6/4の「アフターレポート」はこちら
6/18の「アフターレポート」はこちら

(05/14更新)
2017年 会員総会開催のお知らせ
 2017年6月18日(日)午後、「『Three Eight Nine MITAKA』 2階」において、会員総会を行います。
 本総会では前回総会において定数に満たなかった理事2名・監事1名の補充を予定しておりましたが立候補者がなく、 欠員については、定款第20条4項に基づき、後任の選任まで前任者が務めることとなります。
 総会では予定された議題に限らず、JAniCAの活動やアニメ制作に関わる問題の討議も行われます。 日ごろ、仕事の中で感じる疑問や質問などありましたら、是非総会の場でご発言ください。

詳しくはこちら

(05/11更新)
『デジタル作画フロー・ファーストタッチセミナー』開催のお知らせ
 最近の劇場作品を中心にアニメーションのヒットが続き、高解像度、クオリティ要求の高いアニメーション制作案件が増加する一方で、年々複雑化する現場では、致命的な制作フローの破綻を招き、作業フローの見直しが急務となっています。また、ソフト・ハード面の技術進化に伴い、会社・個人単位でデジタル作画の普及および導入が進みつつあります。

 とはいえ、今までデジタル作画ツール、制作フローについて考える上で適切な情報を得る機会を得られなかったために、将来の不安や正確な知識に乏しい方々が業界内にもまだ多くいると思われます。

 そこでデジタルツール勉強会としては、改めてデジタル作画を含めた関連技術の最新情報と将来的移行に向けたスタートを考える皆様方に向けたセミナーを企画いたしました。両日合せての参加申し込みも可能です。アニメ制作に携わる皆様のご参加をお待ちしております。
詳しくはこちら

(04/17更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第98、99回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 5/7は「女性ヌード」・解剖学講座「上肢の骨格-1」、5/21は「お母さんと7ヶ月の男の子(赤ちゃん)と4歳の女の子の兄弟」・解剖学講座「上肢の骨格-2」を予定しております。

詳しくはこちら
(05/24 追加)
5/7の「アフターレポート」はこちら
5/21の「アフターレポート」はこちら

(03/21更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第96、97回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 4/2は「男性ヌード」・解剖学講座「体幹の骨格-1」、4/16は「女性ヌード」・解剖学講座「体幹の骨格-2」を予定しております。

詳しくはこちら
(05/24 追加)
4/2の「アフターレポート」はこちら
4/16の「アフターレポート」はこちら

(02/20更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第94、95回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 3/5は「女性コスチューム(パントマイミスト)」・解剖学講座「人体の骨格 全身」、3/19は「女性ヌード(幼女体型のモデル)」・解剖学講座「人体の骨格 頭部」を予定しております。

詳しくはこちら
(05/24 追加)
3/5の「アフターレポート」はこちら
3/19の「アフターレポート」はこちら

(01/23更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第92、93回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 2/5は「女性ヌード」・解剖学講座「人体の筋肉 下肢-1」、2/19は「男性(高齢のフランス人)ヌード」・解剖学講座「人体の筋肉 下肢-2」を予定しております。

詳しくはこちら
(03/03 追加)
2/5の「アフターレポート」はこちら
2/19の「アフターレポート」はこちら

(01/16更新)
「アニメーターの表現力とデジタル作画の可能性(講演会)」期間限定配信のお知らせ
 文化庁委託事業「平成28年度文化庁メディア芸術連携促進事業」に採択された 「アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム2017」の一環として行った 「井上俊之デジタル作画挑戦」の収録映像を用いて開催した 「アニメーターの表現力とデジタル作画の可能性(講演会)」(2016/10/16)の様子を期間限定で配信いたします。

『アニメーターの表現力とデジタル作画の可能性(講演会)』
http://www.ustream.tv/recorded/98798353
配信期間:2017年1月16日〜22日(予定)
※ただし、USTREAMとの契約の都合上、早期に配信終了する場合がございます。

(1/18更新)
YouTubeにて公開を再開いたしました
『アニメーターの表現力とデジタル作画の可能性(講演会)』
https://youtu.be/UX_R17zOfIY
配信期間:2017年1月16日〜22日(予定)
ただし、都合により早期に配信終了する場合がございます。

(1/23更新)
公開終了しました。

詳しくはこちら

2016年のトピックはこちら
2015年のトピックはこちら
2014年のトピックはこちら
2013年のトピックはこちら
2012年のトピックはこちら
2011年のトピックはこちら
2010年のトピックはこちら
2009年のトピックはこちら
2008年のトピックはこちら