TOPICS

[1](10/21)『クロッキー会(大阪会場)』(第024回)開催のお知らせ
[2](10/20)JAniCAの配信番組『JAniCAチャンネル』開設のお知らせ 第1回目は『新人理事です!』
[3](09/19)『人体デッサン・クロッキー会』(第202、203回)開催のお知らせ
[4](09/14)アニメ制作従事者向けの労災保険の受付を開始します
[5](09/14)アニメ制作に業として従事する個人を対象とした労災保険の特別加入について

(10/21更新)
『クロッキー会(大阪会場)』(第024回)開催のお知らせ
 東京地区と同じく、大阪地区でもクロッキー会を月1回の定期開催をいたします。 プロのモデルによる画力向上が体験出来る講座が関西の会員の皆様にも無料で受けられます。 ご参加をお待ちしております。
 会員以外のアニメーター、一般、学生も席に余裕がある限り無料で同じく受講できますので会員のご友人などなど、 ぜひともクロッキー会の紹介をして頂ければと思います。

★開催曜日・時刻にご注意ください

モデル:女性ヌード+着衣
詳しくはこちら

(10/20更新)
JAniCAの配信番組『JAniCAチャンネル』開設のお知らせ 第1回目は『新人理事です!』
 このたびJAniCAの配信番組『JAniCAチャンネル』を開設することになりました。

 この番組はJAniCAの活動に関する情報や最近のアニメーション業界にまつわる情報の発信、 JAniCA会員の交流、アニメーション技術者のオーラルヒストリー(口述歴史)の採取など 様々な企画を発信する場所にしたいと考えています。
 楽しい番組にしたいと思っていますので、たくさんの方に視聴していただけると嬉しいです。

 第1回目は『新人理事です!』と題しまして、新しく理事になった 木村理事、大和理事の自己紹介、入江代表理事を交えてJAniCAのこれまでの活動の振り返り、 最近のアニメ業界について、という内容でお届けします。


配信日時:2021年10月30日18時〜 (1時間程度)
視聴方法:YouTubeLive ( https://youtu.be/SUL95jfliCg )
出  演:入江泰浩(代表理事)、大和直道(理事)、木村隆一(理事)


■メッセージを募集します。

 メッセージ投稿フォームを用意しましたので、配信企画でやって欲しいこと、 日常の仕事に関して感じたこと、その他アニメーションにまつわる話題など 送ってください。配信で取り上げたいと思います。

メッセージ投稿フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeZpsOb-w-wYsT6GPP8xoGd63nDTcERenlLxDzjO-va9xDjqw/viewform

 しばらくは手探りの不定期な配信になるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

詳しくはこちら

(10/07更新)
「パース・レイアウト講座:歴史編−笹木信作」(第8回) 開催のお知らせ
10月に開催するのは『歴史編』です。講師は私(笹木信作)です。この講座は、今まで開講した講座を補うための講座です。

『レイアウト講座』としてこの歴史編を開催するのは理由があります。私達の「アニメのレイアウト」には、残念ながら客観的に統一された技術論が今のところありません。また、時代や作品によってレイアウトの傾向も変わります。

アニメ以外の技術論として取り上げ得るのが、「カメラ(レンズ)」の知識と「パース(透視図法)」の知識です。これらは、アニメ以外の世界で既に構築された技術で、現在のアニメのレイアウトにとって重要な知識です。しかし、「レンズ」や「パース」が、「アニメ」に最初から内包されていた訳ではありません。 それらを紆余曲折しつつ取り入れてきて「アニメのレイアウトってこうじゃないか…」と様々な人が探り『独自に進化した歴史』があるわけです。
そこで、その『独自の進化をしたアニメのレイアウトの歴史』を参考作品を取り上げて解説し、ザックリ追うことで、新人原画さんに向けてのヒントや手立てにしたいと考え、この『レイアウトの歴史講座』を開く事にしました。特に伝えたいのは、パースやカメラが強く意識される前に醸成された『キャラクターのための空間』の歴史とその考え方です。
(この『キャラクターのための空間』に関しては、幾つかの方法も解説します)アニメーションではその世界にあった空間が求められますが、実際の人間像ではない『キャラクター』というものが存在する空間とはどういうものか…それが追求されて来たのを前半とし、より実在感が求められる世界を描くためにパースやカメラを意識したレイアウトが求められていくのを後半として、『レイアウトの歴史』を解説していきたいと思います。

「レイアウトがどうも良く解らない」「『パースをキチッと取っただけでは良いレイアウトにならない』と言われて、よけいに混乱する」等と思っている皆さんにヒントになるような内容を心がけています。是非御参加下さい!

※コロナ禍に対応して今回もオンライン上の開催のため、例年行っていた参考映像は使えません。そのため本来の『講座内で映像を見てからの解説』ではありません。講座後、各映像は自前で鑑賞していただくことを前提とした講座になっています。御了承下さい。

◯今回の開催形式について
今年はまず『講座のネットライブ配信』をします。その後、この録画映像を一定期間を設けてネット配信したものを視聴できるようにいたします。ネットライブ、もしくは録画配信にて講座を受けていただく形となります。その視聴期間の間に締め切りを設けて、質問を受け付けます。質問を締め切った後、『Q&A+追加講座』を開催します。その後、『Q&A+追加講座』も録画配信いたします。

詳しくはこちら

(10/01更新)
『クロッキー会(大阪会場)』(第023回)開催のお知らせ
 東京地区と同じく、大阪地区でもクロッキー会を月1回の定期開催をいたします。 プロのモデルによる画力向上が体験出来る講座が関西の会員の皆様にも無料で受けられます。 ご参加をお待ちしております。
 会員以外のアニメーター、一般、学生も席に余裕がある限り無料で同じく受講できますので会員のご友人などなど、 ぜひともクロッキー会の紹介をして頂ければと思います。

★開催曜日・時刻が平時と異なりますのでご注意ください

モデル:男性ヌード+着衣
詳しくはこちら

(09/19更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第202、203回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 10/3は「女性ヌード(ふくよかな体型)」・解剖学講座「人体の筋肉(下肢-3)」、10/31は「男性着衣(シャツ・ネクタイ・ジャケット)」・解剖学講座「人体の筋肉(下肢-4)」を予定しております。

◆留意事項◆ 施設の新型コロナウイルス感染拡大防止対応のため開催時刻が1時間前倒しに変更となります

詳しくはこちら

(09/14更新)
アニメ制作従事者向けの労災保険の受付を開始します
全国アニメ制作従事者労災保険センター
https://anime-rousai.org

◆特別加入制度とは◆
労災保険は、労働者が仕事または通勤によって被った災害に対して、補償する制度です。 民間の同様な保険よりも一般に安い保険料で、休業時の所得補償や通勤時の怪我の治療費など、充実した補償を受けることができます。 フリーランスなど、労働者以外の方でも、法律が定めた一定の要件を満たす場合には、特別加入団体を通じて任意加入することにより、 労災保険を利用することができます。これを「特別加入制度」といいます。

詳しくはこちら

(09/14更新)
アニメ制作に業として従事する個人を対象とした労災保険の特別加入について
 労災保険は、労働者の業務または通勤による災害に対して保険給付を行う制度であり、 本来、フリーランス等の個人事業主を対象とされておりません。 しかし、労働者以外でも、業務の実情などから、 労働者に準じて保護することが適当と認められる一定の個人事業主には、 特別に任意加入が認められています(特別加入制度)。

 JAniCAは、アニメーター・演出をはじめ、アニメ制作を仕事とする方々(アニメ制作従事者)の約7割以上が フリーランス、個人事業主であるところ、アニメ制作現場の環境を改善し、 日本におけるアニメーションの持続的な発展可能性を高めるべく、 国民健康保険組合への団体加入や定期健康診断の実施、 フリーランス協会を介した賠償責任保険や所得補償保険など、 アニメ制作従事者を対象とした社会保障の充実、 セーフティネットの拡充に努めて参りました。

 労災保険の特別加入には、特別加入団体を通じて行うことが必要なため、JAniCAでは、2021年3月30日から「労災保険の加入意向調査」を実施し、 アニメ業界の需要と保険業務の継続性について慎重に検討を行いました。そして、2021年7月1日にJAniCAを母体とした特別加入団体 「全国アニメ制作従事者労災保険センター」を設立して、2021年9月14日より保険加入の受付を開始いたしました。

詳しくはこちら

(09/06更新)
『パース・レイアウト講座:応用編『超簡単・画角とアングルのコントロール』 湯浅誠』(第7回)開催のお知らせ
 「原画やレイアウトを描き始めてしばらく経つけれど、却ってパースについて判らないことが 生まれてくるんだよなあ…」 と思っているような、 少し原画を経験したアニメーター向けの内容をイメージしています。
 例えば『平面上の円の簡単な求め方』や『設定した画角における平面上の正方形の奥行きの割り出し方』ってわかりますか? 知りたくありませんか?この講座を受ければわかります。しかも最も簡単な方法がわかるのです(私の知る限り)。
 本講座ではアニメーション業界の中からでなく、東京デザイナー学院でもパースの授業をされている湯浅誠さんに講師をお願いしました。 湯浅さんは建築パースの制作会社に務めた経験や小学館でマンガの連載経験もある方で、 現在は『マンガ・アニメで必要になる描き方』を理解した上で、『パースの専門家』から見た授業をされています。 アニメ業界の外から、客観的にパースの事を教えてもらうには最適ではないかと考え、 講座をお願いしました。

 さらに踏み込んだ透視図法を知りたい皆さん、パースの事で日頃ため込んでいる疑問を湯浅さんに投げかけてみませんか? 申込みの際には質問も受付けますので、ぜひ受講してみて下さい!

◯コロナ禍での開催形式について
 今年はまず、『2020年度版の講座の録画』を、一定期間を設けてネット配信したものを視聴していただく形にいたします。
 その視聴期間の間に締め切りを設けて、質問を受け付けます。
 質問を締め切った後、『Q&Aネットライブ』を開催します。(質問数によっては『Q&Aネットライブ』の内容時間、または開催自体が再検討される場合があります)。

詳しくはこちら

(08/17更新)
『クロッキー会(大阪会場)』(第022回)開催のお知らせ
 東京地区と同じく、大阪地区でもクロッキー会を月1回の定期開催をいたします。 プロのモデルによる画力向上が体験出来る講座が関西の会員の皆様にも無料で受けられます。 ご参加をお待ちしております。
 会員以外のアニメーター、一般、学生も席に余裕がある限り無料で同じく受講できますので会員のご友人などなど、 ぜひともクロッキー会の紹介をして頂ければと思います。

★開催日時が平時と異なりますのでご注意ください

モデル:女性ヌード+着衣
詳しくはこちら

(08/16更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第200、201回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 9/5は「男性ヌード」・解剖学講座「人体の筋肉(下肢-1)」、9/19は「女性ヌード」・解剖学講座「人体の筋肉(下肢-2)」を予定しております。

◆留意事項◆ 施設の新型コロナウイルス感染拡大防止対応のため開催時刻が1時間前倒しに変更となります

詳しくはこちら

(08/04更新)
「パース・レイアウト講座:実践編−芦野芳晴」(第8回)開催のお知らせ
 パース・レイアウト講座、基礎編に続いて実践編のお知らせです。

 実践編の講師の芦野芳晴さんは歴史講座で言うと、3点透視のパース・レンズの意識を 実作業の上で追求する事を考えているタイプの監督でありアニメーターの方です。 平面的なアニメと違って、3点透視のパース・レンズを重視して画面で考えていく上でどういう事が起こるか、 どのようになるはずかという事を解説して頂く講座になります。
 具体的には、受講者の方にいくつかの課題を出しラフレイアウトを描いてもらって、 それについて芦野さんがありがちな問題点や押さえるべきポイントを解説していくというワークショップ形式です。 「レイアウトではこう言うミスが起こりがちだけど、パースやレンズの知識を反映するとこのようになる」 ーという内容で、アニメーターの方にはより掴みやすい実践的な講座です。
 3点パースを厳密に考えると、アニメでは『パース的には正確ではないレイアウト』が多々見かける訳ですが、 知らずに間違っているのと知っていてあえて描くのとは大きな違いがあります。 パースの正確さを追求した作品を作る時にはもちろん、そこまで厳密でない作品を描くとしても、 この点を学んでおく事は非常に意味があると思います。

 3点透視のパースを意識したレイアウトの実践的な知識を学びたい方、ぜひ御参加下さい!

◯コロナ禍での開催形式について
 今年はまず、『2020年度版の講座の録画』を、一定期間を設けてネット配信したものを 視聴していただく形にいたします。
 その視聴期間の間に締め切りを設けて、質問を受け付けます。
 質問を締め切った後、『Q&Aコーナー』を開催します。実践編では質問を受付後に 収録したものをネット配信します(『Q&Aコーナー』の収録時間は質問数に左右されます)。

詳しくはこちら

(07/20更新)
『クロッキー会(大阪会場)』(第021回)開催のお知らせ
 東京地区と同じく、大阪地区でもクロッキー会を月1回の定期開催をいたします。 プロのモデルによる画力向上が体験出来る講座が関西の会員の皆様にも無料で受けられます。 ご参加をお待ちしております。
 会員以外のアニメーター、一般、学生も席に余裕がある限り無料で同じく受講できますので会員のご友人などなど、 ぜひともクロッキー会の紹介をして頂ければと思います。

★開催日時が平時と異なりますのでご注意ください

モデル:男性ヌード+着衣
詳しくはこちら

(07/19更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第198、199回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 8/1は「サッカー少年少女兄(6年・妹4年生・アフリカ人父と日本人母のハーフ)」・解剖学講座「人体の骨格(下肢-3)」、8/15は「女性ヌード(ベテランモデル・小物使用)」・解剖学講座「人体の骨格(下肢-4)」を予定しております。

◆留意事項◆ 施設の新型コロナウイルス感染拡大防止対応のため開催時刻が1時間前倒しに変更となります

詳しくはこちら

(06/27更新)
第15回JAniCA会員総会が行われました。
 6月27日(日)、三鷹にて第15回JAniCA会員総会が行われました。 出席いただいた正会員は10名、委任状を含めた参加総議決権数は113104個でした。
 事業報告、会計報告の全議題が滞りなく行われました。 ご出席いただいた会員の皆さま、委任状をお送りいただいた会員の皆さま、 ご協力、誠に有り難うございました。

 また、JAniCA理事会の新体制は次のとおりとなりました。

代表理事  入江泰浩(重任)
理  事  木村隆一(新任)
理  事  笹木信作(重任)
理  事  徳野悠我(重任)
理  事  大和直道(新任)
理  事  吉本拓二(重任)
監  事  桶田大介(重任)

 任期満了により井上俊之、ヤマサキオサムは退任となりました。 また、立候補者数が定員に満たず、監事1名欠員となったため、 欠員が補充されるまでの間、 定款20条4項に基づき、桶田大介監事は 引き続き、監事としての権利義務を有することとなります。

 議事録につきましては、決まり次第連絡をいたします。

(06/23更新)
「パース・レイアウト講座:基礎編ー村田和也」(第7回)開催のお知らせ
 当初レイアウト講座では『歴史講座』『カメラ講座』『実践的パース講座』を開催しましたが、 その際「パースの基礎を学びたい」という要望を幾つかいただきました。
 開催する側としてもそこは気になっていた所で、「次の開催には何とか実施したい」と考えて講師の方を探していたのですが、幸い日頃から某社内で新人原画向けの講習をされている村田和也さんに講師を引き受けていただきました。
 村田さんは、伝統的なアニメ手法を踏まえた上で、パース、カメラを意識した画面作りの理論を独自に構築されてきた監督です。(初めての打ち合わせでは、私も知らなかった理論の作図を拝見しました!)
 講座ではその理論を元に作成された図表の解説を中心に、アニメーターに向いたパース講座を開催いたします。(メモと筆記用具、10枚位の動画用紙かクロッキー帳等の紙、定規等が必要な講座になります)
 パースの基礎と言っても一般のパース解説書に描かれている内容とはやや違って、『光学理論的に正確な空間を求める作品のための、かなり突っ込んだ内容のパースの基礎講座』です。
 アニメのレイアウトのためにパースの基礎的な知識を学びたい方、ぜひ御参加下さい!

◯コロナ禍での開催形式について
 今年はまず、『基礎編』の『2020年度版の講座の録画』を、それぞれ一定期間を設けてネット配信したものを視聴していただく形にいたします。
 その視聴期間の間に質問を受け付けます。
 質問を締め切った後、『追加講座+Q&Aコーナー』を開催します。ビデオ会議ツールZoomによりネット上でライブ開催します。
 その『追加講座+Q&Aコーナー』の録画も、後でネット配信いたします。

詳しくはこちら

(06/23更新)
『パース・レイアウト講座』(第8回/2021年)開催のお知らせ
 今年度もJAniCAでは、主に新人原画の方に向けてレイアウトの空間作りを解説する講座、 パース・レイアウト講座、『基礎編ー村田和也』、『実践編ー芦野芳晴』、『応用編ー湯浅誠』、 『歴史編ー笹木信作』の4つを、7〜11月にかけて連続して開講いたします。
※カメラ講座はコロナ禍の影響を鑑みて今年は中止いたします。
※受講者の偏りを緩和するため、今年は『歴史編』を一番後に回します。御了承下さい。
詳しくはこちら

(06/21更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第196、197回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 7/4は「女性ヌード」・解剖学講座「人体の骨格(下肢-1)」、7/18は「男性ヌード」・解剖学講座「人体の骨格(下肢-1)」を予定しております。

◆留意事項◆ 開催時刻は平時に戻しての実施となります
◆留意事項◆ 施設の新型コロナウイルス感染拡大防止対応のため開催時刻が1時間前倒しに変更となります

詳しくはこちら

(06/14更新)
『クロッキー会(大阪会場)』(第020回)開催のお知らせ
 東京地区と同じく、大阪地区でもクロッキー会を月1回の定期開催をいたします。 プロのモデルによる画力向上が体験出来る講座が関西の会員の皆様にも無料で受けられます。 ご参加をお待ちしております。
 会員以外のアニメーター、一般、学生も席に余裕がある限り無料で同じく受講できますので会員のご友人などなど、 ぜひともクロッキー会の紹介をして頂ければと思います。

★開催日時が平時と異なりますのでご注意ください
 なお、緊急事態宣言が延長となった場合は中止となる場合があります。

モデル:女性ヌード+着衣
詳しくはこちら

(06/07更新)
2021年 会員総会開催のお知らせ
 2021年6月27日(日)午後、「『Three Eight Nine MITAKA』 2階」において、会員総会を行います。

 昨年に引き続き新型コロナウィルス感染防止に伴う緊急事態宣言のために、総会開催のご案内が遅れましたことお詫び申し上げます。 今年度も総会は新型コロナウィルス感染防止の観点から、例年の参加状況を鑑み、議決権を有する「(有料)正会員」のみに限定し 定員制(30名まで)とし、事前登録を必須といたします。ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い致します。

■出席を希望される方はこちらのフォームからご登録ください

 本総会では前回総会において定数に満たなかった理事2名・監事1名の補充を予定しております。 理事2名の定員に対し理事立候補者2名の信任投票が行われます。監事については立候補者がなく、欠員については、 定款第20条4項に基づき、後任の選任まで前任者が務めることとなります。なお総会では予定された議題に限らず、 JAniCAの活動やアニメ制作に関わる問題の討議も行われます。

 正会員の方でご参加いただけない場合には、同封の委任状により、 代理人の氏名又は事前投票をお願いいたします。総会成立のためには、 正会員の皆様、3分の1以上のご参加が必要となります。 ご協力下さいますよう、心よりお願いを申し上げます。

■「委任状」はこちらをご利用ください。

 例年であれば総会には多くの方にご参加をいただきたいのですが、 昨今の新型コロナウィルス感染拡大防止の理由から、今回の総会参加は、 議決権を有する「(有料)正会員」に限定をさせていただく関係上、 ご出席いただけない方に向けて、事前にご意見・ご要望をお寄せいただくフォームを用意いたしました。 忌憚のないご意見をお寄せいただきたくお願い致します。

■「ご意見・ご要望フォーム」こちらのフォームからご登録ください

詳しくはこちら

(05/23更新)
『美術解剖学講座2021』ネット開催のお知らせ
 『美術解剖学講座2021』は、「解剖学的視点から人体を描く為の力を付ける画法講座です。
 観察するだけでは捉えることが難しい、人体の構造を「美術解剖学的」に認識して、 人体に対する観察力・描写力の向上を目的とし、最終的にアニメーターの仕事に役立てることを意図しています。
 全身の筋骨格について頭頂から爪先まで順序よく体系的に学び、 人体の仕組みを理解することで「動き」に対しての曖昧さが減り、 アニメーション表現の特徴である「誇張」や「飛躍」といった部分も、 説得力を持って描くことが可能になります。
 本年は、新型コロナウイルス感染症蔓延の状況を鑑み、 昨年同様の形式にて第1回から第4回まで座学によって基礎知識を学び、 残り2回でモデルさんを使って実際に描写します。

開催形式について
第1〜4回については、ビデオ会議ツールZoom(ズーム)で受講いただきます。 第5〜6回については、現時点ではお集まりいただくことを想定していますが 今後の推移によって延期・中止の可能性もあります。

第1回 06/13(日) 全身を構成する骨の形状を解説する
第2回 07/11(日) 主要な関節の形状と運動方向を解説する
第3回 08/08(日) 体表に現れる主要な筋と働きを解説する1
第4回 09/12(日) 体表に現れる主要な筋と働きを解説する2
第5回 10/10(日) 第3回までの講義を踏まえたうえでの実践(男性)
第6回 11/14(日) 第3回までの講義を踏まえたうえでの実践(女性)

詳しくはこちら
お申込はこちら

(05/18更新)
『クロッキー会(大阪会場)』(第019回)開催のお知らせ
 東京地区と同じく、大阪地区でもクロッキー会を月1回の定期開催をいたします。 プロのモデルによる画力向上が体験出来る講座が関西の会員の皆様にも無料で受けられます。 ご参加をお待ちしております。
 会員以外のアニメーター、一般、学生も席に余裕がある限り無料で同じく受講できますので会員のご友人などなど、 ぜひともクロッキー会の紹介をして頂ければと思います。

★開催日時が平時と異なりますのでご注意ください
 なお、緊急事態宣言が延長となった場合は中止となる場合があります。

(05/30 追加)
緊急事態宣言が再延長となり、協議の結果、誠に残念ですが6月開催は中止とします。
何卒ご理解のほどお願いします。
モデル:女性ヌード+着衣
詳しくはこちら

(05/17更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第194、195回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 6/6は「女性ヌード」・解剖学講座「人体の骨格-3(体幹)」、6/20は「男性着衣(和服)」・解剖学講座「人体の骨格-4(上肢)」を予定しております。

◆留意事項◆ 開催時刻が平時より1時間前倒しでの実施となります

詳しくはこちら

(04/23更新)
『クロッキー会(大阪会場)』(第018回)開催のお知らせ
 東京地区と同じく、大阪地区でもクロッキー会を月1回の定期開催をいたします。 プロのモデルによる画力向上が体験出来る講座が関西の会員の皆様にも無料で受けられます。 ご参加をお待ちしております。
 会員以外のアニメーター、一般、学生も席に余裕がある限り無料で同じく受講できますので会員のご友人などなど、 ぜひともクロッキー会の紹介をして頂ければと思います。

★開催日時が以前と異なりますのでご注意ください

モデル:男性ヌード+着衣
詳しくはこちら
(6/3追加)
2/20の「アフターレポート」はこちら

(04/22更新)
「労災保険の加入意向調査」ご協力のお礼と報告
3月下旬に実施いたしました「労災保険の加入意向調査」に、ご多忙中にもかかわらず多数の回答ご協力いただきありがとうございました。

この度、アンケートの集計結果を報告書として公開いたしましたので、簡単ではございますが案内をさせていただきます。

「労災保険の加入意向調査 報告書」(pdf形式)
http://janica.jp/events/insurance/InsuranceRequest.pdf

今回の調査結果を受け、理事会で協議の結果、労災特別加入団体の設立準備を進めることとなりました。既に関係各方面との連絡・協議を始めております。

詳しくはこちら

(04/20更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第192、193回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 5/2は「男性ヌード(舞踏家)」・解剖学講座「人体の骨格-1」、5/16は「女性ヌード(舞台女優)」・解剖学講座「人体の骨格-2」を予定しております。

◆留意事項◆ 開催時刻が平時より1時間前倒しでの実施となります

詳しくはこちら
(6/3追加)
5/2の「アフターレポート」はこちら
5/16の「アフターレポート」はこちら

(03/29更新)
「労災保険の加入意向調査」にご協力ください。
 法改正により、令和3年4月からアニメーション制作に関わるフリーランスの方々が労災保険の特別加入制度を利用できるようになります。 しかし、実際にこの制度を利用するには仕組み上、アニメ業界としての労災特別加入団体が設立され、その団体に加入することが必要です。

 JAniCAでは、関係各方面との調整を行いつつ、労災特別加入団体の設立準備を進めております。 この労災特別加入団体は、JAniCAの会員か否かを問わず、広くアニメーション制作に携わるお仕事 (監督、演出、脚本、絵コンテ、キャラクターデザイナー、作画監督、原画、動画、仕上げ、美術、編集などの作業)をされる方であれば、 全てご利用いただけることを想定しております。
※声優の方については制度上、アニメーション制作従事者ではなく、同じく今春の法改正により対象に加えられた芸能従事者として、 芸能関連の労災特別加入団体を通じて、労災保険の特別加入を利用することが想定されています。

 そこで、団体設立の要否や運営検討のため、「アニメ業界の労災保険の特別加入についての加入意向調査」を行います。 お手数ですが、ご協力をお願い致します。

「アニメ業界の労災保険特別加入についての加入意向調査」
調査URL:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScA_rBl0aFlRn-mx6_RvETu17jA-lNP4epWg-W_pjKrimIOrQ/viewform
調査趣旨:労災特別加入の利用者像を把握し、運営検討を行うため
調査対象:アニメ制作を主な業とされている方(JAniCA会員か否かを問いません)
調査方法:記名式・Webアンケート
調査期間:2021/3/29〜4/4 24時
必要時間:およそ3分

詳しくはこちら

(03/24更新)
『クロッキー会(大阪会場)』(第017回)開催のお知らせ
 東京地区と同じく、大阪地区でもクロッキー会を月1回の定期開催をいたします。 プロのモデルによる画力向上が体験出来る講座が関西の会員の皆様にも無料で受けられます。 ご参加をお待ちしております。
 会員以外のアニメーター、一般、学生も席に余裕がある限り無料で同じく受講できますので会員のご友人などなど、 ぜひともクロッキー会の紹介をして頂ければと思います。

★開催日時がいつもと異なりますのでご注意ください

モデル:女性ヌード+着衣
詳しくはこちら
(6/3追加)
4/17の「アフターレポート」はこちら

(03/22更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第190、191回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

  4/4は「女性ヌード(ポーズが独特のモデル)」・解剖学講座「筋肉石膏デッサン」、4/18は「女性着衣(クラシックな白いドレス/ターバン)」・解剖学講座「筋肉石膏デッサン」を予定しております。

◆留意事項◆ 平時の開催時刻に戻ります

詳しくはこちら
(6/3追加)
4/4の「アフターレポート」はこちら
4/18の「アフターレポート」はこちら

(02/24更新)
『クロッキー会(大阪会場)』(第016回)開催のお知らせ
 東京地区と同じく、大阪地区でもクロッキー会を月1回の定期開催をいたします。 プロのモデルによる画力向上が体験出来る講座が関西の会員の皆様にも無料で受けられます。 ご参加をお待ちしております。
 会員以外のアニメーター、一般、学生も席に余裕がある限り無料で同じく受講できますので会員のご友人などなど、 ぜひともクロッキー会の紹介をして頂ければと思います。

★開催日時がいつもと異なりますのでご注意ください

モデル:男性ヌード+着衣
詳しくはこちら
(6/3追加)
3/20の「アフターレポート」はこちら

(02/22更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第188、189回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 3/7は「男性ヌード(筋肉質)」・解剖学講座「人体の筋肉-1」、3/21は「女性ヌード(ベテラン)」・解剖学講座「人体の筋肉-2」を予定しております。

◆留意事項◆
・平時と異なり、少し長めの時間でクロッキーとなります。
・会館の使用時間が午後五時までとなり、終了後は「見せっこ」のみで、「講評・アドバイス」は総評となります。

詳しくはこちら
(6/3追加)
3/7の「アフターレポート」はこちら
3/21の「アフターレポート」はこちら

(02/05更新)
経済産業省『アニメ制作に携わる皆様の取引環境の調査』回答協力のお願い

 経済産業省では、令和元年8月に「アニメーション制作業界における下請適正取引等の推進のためのガイドライン」が改定されて以降、 書面の交付、価格の事前協議、スケジュール遅延の3点を重点項目とし、 ガイドラインの内容がアニメ業界に浸透するよう様々な取組を実施してまいりました。
 また、政府としても「フリーランスとして安心して働ける環境を整備するためのガイドライン」の 策定を進める等の取組を実施しているところです。

 アンケート調査については、昨年も皆様にご協力いただきましたが、本年も改めて現在の実態を把握すべく実施いたします。
 回答結果につきましては、今後のアニメ業界発展に向けた取組の参考とさせていただきます。

 お忙しいところ大変恐縮ですが、ご協力の程どうぞよろしくお願い致します。

(1)調査対象者:アニメーション業界で従事するみなさま
(2)回答〆切:2月28日(日)24時(予定)
(3)アンケートURL: ここをクリック  (全11問)

<調査主体>
経済産業省

詳しくはこちら

(02/02更新)
三菱鉛筆株式会社製硬質色鉛筆「7700」橙色/黄緑色/水色の生産終了に関するアニメ業界の対応についてのお知らせ

 長年、アニメーション制作の現場で愛用されておりました三菱鉛筆株式会社製硬質色鉛筆「7700」のうち橙色/黄緑色/水色の三色が生産終了となる旨が同社より発表されましたが、同社より個人が所属する団体である一般社団法人日本アニメーター・演出協会(JAniCA)および法人が所属する団体である一般社団法人日本動画協会(動画協会)の両団体に対して状況説明があり、制作現場の混乱を防ぐために協力して対応を進めてまいりました。

 「7700」はアニメーション制作になくてはならない重要なツールであり、個人・法人を問わず生産終了に伴い大きな影響を受けることが予想されますが、同社からはアニメ業界に対して最大限の敬意を払って調整・対応をいただいており、アニメ業界を代表してここに篤く御礼申し上げます。
 なお、一般社団法人日本動画協会(動画協会)と一般社団法人 日本アニメーター・演出協会(JAniCA)を窓口としてアニメ業界の全法人/個人を対象に、2月10日(水)24時締め切りにて、最終注文の対応をしております。必要十分な発注が行えるようご協力下さい。

 今後、アニメーション制作の現場は更なるデジタル化が進む一方で、これまでのアナログな制作も続けられ、それぞれの強みを生かしていくことになります。そこに「7700」の姿が見えなくなることは非常に残念でなりませんが、また新しいツールが今後のアニメーション制作を支えていくことは間違いありません。アニメ業界は、今後も同社を始めとした関連事業者の協力を得ながらより良い作品制作、そして制作現場の更なる進化を目指してまいります。

詳しくはこちら

(02/01更新)
『人体デッサン・クロッキー会』(第186、187回)開催のお知らせ
 実物のモデルさんを見ながら人体を描きたい方、技能を養うために人体デッサンをしたい方は、是非デッサンと解剖学を組み合わせたJAniCA主催のデッサン会にご参加ください。デッサン会は若手のアニメーターの方々でも参加しやすい無料講座として実施しています。

 今月も「同月2回開催」をいたしますが、多くの人に受講いただきたいために、基本的にどちらか一方のみのお申込みとなります。 もし、残席があれば2回の参加も可能なため、希望される場合はその旨を「備考欄」にご記入ください。

 2/7は「女性着衣(着物)」・解剖学講座「人体の筋肉(下肢-3)」、2/21は「男性着衣(着物)」・解剖学講座「人体の筋肉」を予定しております。

◆留意事項◆
・平時と異なり、少し長めの時間でクロッキーとなります。
・会館の使用時間が午後五時までとなり、終了後は「見せっこ」のみで、「講評・アドバイス」は総評となります。

詳しくはこちら
(6/3追加)
2/7の「アフターレポート」はこちら
2/21の「アフターレポート」はこちら

(01/21更新)
『クロッキー会(大阪会場)』(第015回)開催のお知らせ
 東京地区と同じく、大阪地区でもクロッキー会を月1回の定期開催をいたします。 プロのモデルによる画力向上が体験出来る講座が関西の会員の皆様にも無料で受けられます。 ご参加をお待ちしております。
 会員以外のアニメーター、一般、学生も席に余裕がある限り無料で同じく受講できますので会員のご友人などなど、 ぜひともクロッキー会の紹介をして頂ければと思います。

★開催日時がいつもと異なりますのでご注意ください

モデル:女性ヌード+着衣
詳しくはこちら
(6/3追加)
2/20の「アフターレポート」はこちら

2020年のトピックはこちら
2019年のトピックはこちら
2018年のトピックはこちら
2017年のトピックはこちら
2016年のトピックはこちら
2015年のトピックはこちら
2014年のトピックはこちら
2013年のトピックはこちら
2012年のトピックはこちら
2011年のトピックはこちら
2010年のトピックはこちら
2009年のトピックはこちら
2008年のトピックはこちら